« 息子がボケて | Main | 神保町2丁目 東洋キネマ跡 »

May 31, 2010

『スイングジャーナル』が休刊

 『スイングジャーナル』誌が7月号(6月発売)を最後に休刊するというニュースに驚いた。ジャズ界におけるこの雑誌の存在感は,クラシック界における『音楽の友』と『レコード芸術』を併せたよりもだいぶ大きく,同誌の「ジャズ・ディスク大賞」に何が選ばれるかは,米国のジャズ界からも注目されていた。
 私は父親の影響でジャズを子守歌にしていた。高校時代以降,クラシックほど能動的ではなく,LPを自分で買うということはほとんどなかったが,ディキシーランド・ジャズから,スイング,「モダンジャズ」という名の古典ジャズまでのジャズのレコードにはある程度親しんでいた。
 その後,ジャズは意識としては「旧友」であるとはいえ,実際上遠ざかってしまっていたが,今世紀になって安いCDが大量に出回るようになって,少しずつジャズのCDを買うようになった。名盤として知られていたが昔は買えなかったアルバムが,1000円もしなかったりする。
 しかしこの間に,レコード店のジャズの売り場はどんどん小さくなって,町のレコード屋では,ジャズはクラシックよりさらに小さな存在になってしまった。そんな状態だったし,雑誌というものをめぐる状況も大きく変わってきた中で,冷静に考えると『スイングジャーナル』の休刊も必然的なことなのだろうという気はするのだが,それにしても――寂しさがつのる。

|

« 息子がボケて | Main | 神保町2丁目 東洋キネマ跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48507592

Listed below are links to weblogs that reference 『スイングジャーナル』が休刊:

« 息子がボケて | Main | 神保町2丁目 東洋キネマ跡 »