« 困った巨匠たち――シェトレ 著『指揮台の神々』 | Main | エレベーターの機能 »

May 15, 2010

豆腐1丁の肉豆腐――池袋「千登利」

 かれこれ20年通っている池袋西口の居酒屋「千登利」は,やきとんと肉豆腐の店である。
 名物の肉豆腐は大鍋に入っていて,注文があると1丁(まるごと!)すくって皿に入れ,牛すじとたれをかけ,ネギを山盛りにして出される。中には「肉なし」という注文をする人もいるが,値段は普通のと同じだという。
 やきとんはシロ,レバ,カシラ,タンハツ(タンとハツが交互に串にさしてある),ナンコツ,コブクロ。鶏関係は,鶏皮,つくね,鶏ナンコツ,ウズラの卵。野菜は,カモ(というのはネギのこと),銀杏,ニンニク,シイタケ,シシトウ。
 カウンターに置かれたかごに野菜が置いてあるのは,飾りではなくて生野菜のメニューである。すなわち,キュウリ(もろきゅう),トマト,カブ,セロリ,エシャロット,この季節はショウガもある。ここでの名物はカブで,直径7,8センチの大きいものを4つに割り,味噌をそえて出てくる。このカブを食べていて,隣の人から「これ,カブですか」ときかれたことは,2度や3度ではない。「ええ,生のカブを切っただけのものなんですよ。こんなもの,ウチで食べてもうまくも何ともないと思うんですが,ここで食べると不思議とうまいんです。」などと答える。セロリも,同様に1本まるごとである。

 千登利の焼酎は米酎で,アルコールはなんと35%(焼酎は普通は25%),しかも1杯が140ミリリットルある。例えばウーロン割りを頼むと,焼酎が小グラスにあふれそうに注がれ,別に氷入りグラスとウーロン茶のびんが出てくる。自分で好きな濃さに割って飲むことができる。2004年秋からホッピーが置かれるようになったのはありがたかった。

 この店のトイレには,山頭火の句の入った版画が飾られている。少し冷静になって引き上げどきを考えろということだろうか。

  酔ひざめのつめたい星がながれた

|

« 困った巨匠たち――シェトレ 著『指揮台の神々』 | Main | エレベーターの機能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48364457

Listed below are links to weblogs that reference 豆腐1丁の肉豆腐――池袋「千登利」:

« 困った巨匠たち――シェトレ 著『指揮台の神々』 | Main | エレベーターの機能 »