« 美しい朝焼け――ワールドカップ短信 | Main | 翌朝のスポーツ紙 »

Jun 29, 2010

久しぶりのラモス――ワールドカップ短信

 Good morning. というあいさつは I wish you a good morning.,すなわち「あなたに良い朝がありますように」ということなのだが,25日は,サッカーに勝ち,湿度も低くさわやかで,文字通りまことに良い朝を迎えた。―― Yes, we have a good morning!
 ワールドカップは,息つく暇もなく決勝トーナメントが進行中。夜11時からの試合は,最初は横目で見ていても,いつしか目が離せなくなってしまう。

 テレビのサッカーのニュースには,現地に出かけていない関係者が総動員されているが,その中でラモス瑠偉の姿を久しぶりに見た。すっきりさっぱりして,なんだか,昔より若くなったような感じがした。
 ラモスで思い出すのは,現役時代,テレビの「ニュースステーション」で久米宏と対談したときのことである。1989年に日本に帰化したというから,そのすぐ後ぐらいだったと思う。久米宏は「もし日本代表の一員としてワールドカップに出て,母国ブラジルと闘うことになったらどうですか」と尋ねた。
 当時はJリーグ発足以前だし,日本がワールドカップに出るなどということは夢のまた夢で,そもそもワールドカップというものの理解度も一般にはまだ低かった。ラモスは「そしたら,うれしくて死んじゃうかもしれない」というような答をした。(ワールドカップにおける日本とブラジルの対戦は,2006年に実現した。)

|

« 美しい朝焼け――ワールドカップ短信 | Main | 翌朝のスポーツ紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48747848

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりのラモス――ワールドカップ短信:

« 美しい朝焼け――ワールドカップ短信 | Main | 翌朝のスポーツ紙 »