« 『スイングジャーナル』が休刊 | Main | 支店番号 001 »

Jun 04, 2010

神保町2丁目 東洋キネマ跡

 5月20日ごろ,神保町のさくら通りを通りかかったら,長らく広大な空き地だった東洋キネマ跡に囲いができ,ビル建築のお知らせが掲示されていた。2011年末完成の予定だという。纏寿司のあった路地がさくら通りからずっと見えていたが,それも見えなくなった。P5211701
 東洋キネマは,私が近辺を歩くようになった1973年にはもう閉館していたと思う。以後ずっと,前面に丸い窪みのある特徴的な建物が,1992年に取り壊されるまで,ちょっと不気味にさくら通りのヌシをつとめていた。取り壊しの前後には,地上げをめぐる詐欺事件などもあり,立ち入り禁止の公告が出ていたこともあった。
 東洋キネマの開館は1922年だが,関東大震災で焼け,あの建物は1928年完成だという。博報堂旧本館の2年前である。

 この付近に残る戦前の建築としては,その斜め向かいの角の三井住友銀行千代田営業部旧館がある。これは元は相互無尽という会社の本店として建てられ,戦後第一相互銀行となった。その後,相互銀行の普通銀行転換の際に太平洋銀行,さらにわかしお銀行となり,最終的に三井住友銀行になった。左隣の建物が取り壊されて,「孤立」状態になっている。Img_3057
 第一相互銀行の時代に,すでに向かい側の新しい建物が本店となっていて,今はそこに三井住友銀行千代田営業部の店舗がある。

|

« 『スイングジャーナル』が休刊 | Main | 支店番号 001 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48544121

Listed below are links to weblogs that reference 神保町2丁目 東洋キネマ跡:

« 『スイングジャーナル』が休刊 | Main | 支店番号 001 »