« 続・スポーツ紙対決 | Main | 死んだはずだよ,お富さん »

Oct 07, 2010

創痍録

 8月下旬に引っ越しの「補遺」があってかなりの段ボールを運んだが,そのときに右腕をひねってしまい,肘のすぐ下が痛むようになった。何もしなくても痛いというわけではないのでうっかり重いカバンを持ち上げてしまい,あっ,しまった,腕を痛めていたんだ,と思い知らされる。
 1か月ぐらいたっても,例えば,生ビールのジョッキを持つとき,肘を張って右腕を水平に近く上げると痛かった。それで,にわか「左党」になって生ビールは左手で飲むようになった。朝の紅茶の大きいポットもなるべく左で持つ。
 ほかに,歯磨きのときも,歯ブラシ(電動)を持って肘を持ち上げるので痛む。これは左手ではどうもうまく磨けないから,肘を上げなくていいように,顔を必死に右へ傾けたりする。
 それでも,今週あたりからやっとだいぶマシになった。

 腕を痛める2週間ぐらい前には,包丁で左親指をかなり深く切ってしまった。早くビールが飲みたくて,冷や奴の薬味にするネギをあせって刻んでいるときだった。
 何事も回復が遅いのは年のせいだろうが,なんとももどかしい。

|

« 続・スポーツ紙対決 | Main | 死んだはずだよ,お富さん »

Comments

 お大事になさってください。私も、自分は全然成長していないのに、身体だけは正直です(苦笑)

Posted by: リンデ | Oct 08, 2010 at 07:05 PM

リンデさん,「お見舞い」ありがとうございます。年1回の健康診断のレベルでは悪くない方ではあるのですが。

Posted by: 家主IZK | Oct 10, 2010 at 11:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/49676854

Listed below are links to weblogs that reference 創痍録:

« 続・スポーツ紙対決 | Main | 死んだはずだよ,お富さん »