« ある指揮者の映像 | Main | 神保町 森崎書店 »

Oct 30, 2010

船員から雑誌編集者へ

 池袋の居酒屋で出会った背が高い鳥打ち帽の男は,船員と雑誌編集者をしていたと言った。その店にはずいぶん前から来ているということだったが,私は彼とは話をした記憶はなかった。年はたぶん七十少し前のはずだが,見た感じはもっと若く見える。
 飲んだ上で聞いたとりとめのない話の断片をつなぎ合わせると,彼は北陸の生まれで,高校を中退して大手の船会社に入り,当時まだあった貨客船の船員になったという。何年かして,雑誌で旅行記の募集があったので,船員として世界中に行った経験を書いて応募したところ入選した。原稿の依頼が来るようになり,本も出た。しかし,そういう形で世間で話題になると,地味な会社では波風が立って,結局辞めざるをえなくなった。
 その少し前から,仲間とヨットに乗るようになっていて,やがてヨット関係の雑誌や書籍の編集を手伝うようになった。少ししてSh社でマリン・スポーツの雑誌を出すことになり,スカウトされて,三十になる前にその初代編集長になった。
 最初は順調だったが,間もなくオイルショックとそれに伴う紙不足に見舞われて状況はにわかに厳しくなり,Sh社は同誌を3年あまりで休刊とした。それで彼は雑誌の権利を譲り受けて独立し,会社を興して雑誌の編集・発行を続けた。その雑誌は今も続いている。

 以上の「本筋」も十分波瀾万丈だが,そこにちりばめられた「挿話」も多彩だった。中でもおもしろかったのは,貨客船の船員をしていた17歳のときのこと,パナマ運河を越えて初めてニューヨークへ行き,2週間停泊したので,思い立ってメト(メトロポリタン・オペラ)へ行った。タクシーに乗ってメトと言ったら,運転手が「オペラを見るのか」というので「そうだ」と答えたら,「それじゃこれを使え」と言って,なんと蝶ネクタイを貸してくれたのだそうだ。

|

« ある指揮者の映像 | Main | 神保町 森崎書店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/49885376

Listed below are links to weblogs that reference 船員から雑誌編集者へ:

« ある指揮者の映像 | Main | 神保町 森崎書店 »