« 創痍録 | Main | 3人のマサコサマ »

Oct 09, 2010

死んだはずだよ,お富さん

 アナログ・レコードの時代,特に昭和40年以前は,大ヒット曲ともなると,若者だけのものではなく,老若男女だれでも知っていたような感じがする。個人の録音手段がないから,レコードを買う人以外はみなラジオで聞いて覚えたのだろう。
 私は「リンゴの唄」や「青い山脈」のころのことは知らないが,春日八郎の「お富さん」のことはかろうじて知っている。これが大ヒットしたのは,幼稚園のころだった。幼稚園児でも「いきなくろべえ みこしのまーつに,あだなすがたの あらいがみー」と歌っていたのである。
 自分では覚えていないが,幼稚園である日,私が先導,というか扇動して,「お富さん」をみんなで大合唱し,先生は呆然として歌うにまかせるしかなかったということを,後から繰り返し聞かされた。
 もちろん,歌詞の意味などわからない。「みこしのまーつに」というのは「神輿のマークに」ということかなと思っていた。後から考えると,歌舞伎の物語の一場面に基づく歌詞であり,「死んだはずだよ,お富さん」というのはどういうことなのかは,大人だってわかっていない人が多かったに違いない。

|

« 創痍録 | Main | 3人のマサコサマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/49690570

Listed below are links to weblogs that reference 死んだはずだよ,お富さん:

« 創痍録 | Main | 3人のマサコサマ »