« 神保町便り | Main | 「神保町 昼食ニュース」休刊前最終号を発行 »

Dec 12, 2010

新国立劇場の今シーズン

 新国立劇場の今シーズンは,10月に『アラベッラ』で開幕し,『フィガロ』『アンドレア・シェニエ』と続いた。『アラベッラ』と『アンドレア・シェニエ』は同じ演出家だったが,再演だという余裕をもって見ていることもあって,『アンドレア・シェニエ』の方がまとまりがよく,手並み鮮やかだった。斜めの線を基調にした舞台装置も印象的。
 当日は,終演後にバックステージ・ツアーが行われた。参加申込みをしたが,今回も抽選ではずれだった。かなりの競争率だったに違いない。
 次は,今シーズンの目玉『トリスタンとイゾルデ』である(12~1月)。

 まだシーズンが始まったばかりという感覚でいたのだが,早くも来シーズンの予告チラシが配られた。開幕は『トロヴァトーレ』,目玉は新演出の『ローエングリン』だという。
 『ローエングリン』は新国立劇場のこけら落としの演目のひとつとしてヴォルフガング・ワグナー演出で上演されたが,それは結局お蔵入りということか。同じくこけら落とし公演の『アイーダ』はその後2回上演されたのに。

|

« 神保町便り | Main | 「神保町 昼食ニュース」休刊前最終号を発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/50283523

Listed below are links to weblogs that reference 新国立劇場の今シーズン:

« 神保町便り | Main | 「神保町 昼食ニュース」休刊前最終号を発行 »