« 北方領土の大きさ | Main | 三島由紀夫と「豊饒の海」 »

Jan 23, 2011

ジルヴェスター&プロムス・ラストナイト

 NHK BS-hi で,去年のベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサートと,プロムス・ラストナイト(9月11日)を続けて見た。
 ベルリン・フィルはグスターヴォ・ドゥダメル指揮でフランス・スペイン音楽特集,エリナ・ガランチャ(メゾ)が『サムソンとデリラ』『カルメン』とサルスエラを歌った。コンマスが樫本氏なので,指揮者とは黒髪ペア。ドゥダメルは,若さとラテン的情熱で突っ走り,というのは先入観かもしれないが,ベルリン・フィルともっと北のラトヴィア出身のガランチャを楽しいラテン・ツアーに連れ出した。

 プロムス・ラストナイトはBBC交響楽団の首席指揮者イルジ・ビエロフラーベック指揮で,ソプラノのルネ・フレミング(この2年,メト・ライブビューイングの司会でおなじみ)とヴィオラのソリスト(カタカナで4字の名前)が登場。ビエロフラーベックは日フィルに昔よく来ていたが,久しぶりで見たら,白髪の長老寸前だった。
 最後は恒例の大英帝国賛歌集「イェルサレム」「ルール・ブリタニア」「威風堂々第1番」(もちろん合唱入り)と国歌「God Save the Queen」。これをチェコ人指揮者が振り,「ルール・ブリタニア」の独唱部分は米国人のフレミングが歌った。
 国歌はベンジャミン・ブリテンによるやや凝った編曲だった(よく演奏されるのはエルガーの編曲だったと思う)。そういえばベートーヴェンが「ルール・ブリタニア」と「God Save the Queen」によるピアノの変奏曲を書いているのは,イギリスに売り込むためだったのだろうか。

|

« 北方領土の大きさ | Main | 三島由紀夫と「豊饒の海」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/50662397

Listed below are links to weblogs that reference ジルヴェスター&プロムス・ラストナイト:

« 北方領土の大きさ | Main | 三島由紀夫と「豊饒の海」 »