« ニュージーランド――時差,紅茶,鳥 | Main | 菜の花とホタルイカ »

Feb 28, 2011

ナセルとハイレ・セラシエ

 中学で海のキャンプに行き,泳ぎの特訓を受けた。水の中で目を開いて声を出す練習をしたのだが,そのとき「なせばなる,なさねばならぬ何事も,ならぬは人のなさぬなりけり」と水中で唱えるように言われた。何度かやっているうちにパロディする余裕が出てきて,「何事も」の後は「ナセルはアラブの大統領」と唱えて短く終わらせたりした。約50年前には,エジプト(途中からアラブ連合)のナセル大統領の名は子供にも知られていた。
 もう一人,小学生も知っていたアフリカの元首は,エチオピアのハイレ・セラシエ皇帝である。この皇帝の名が蘇ったのは,後にマージャンをするようになったときで,ツモるときにカンチャンが入ることを願って「入れ・セラシエ」と唱えるのが一時仲間うちで流行したのである。

 エジプトの大統領は,ナセルの次がサダト,その次が先日辞任したムバラクである。55年間に,大統領はわずか3人しかいなかった。

|

« ニュージーランド――時差,紅茶,鳥 | Main | 菜の花とホタルイカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/50998419

Listed below are links to weblogs that reference ナセルとハイレ・セラシエ:

« ニュージーランド――時差,紅茶,鳥 | Main | 菜の花とホタルイカ »