« 年賀状――卯年のサル | Main | 誤解される歌詞――今こそ分かれ目,ウスが棲む »

Feb 03, 2011

節分の次には

 「節分の次には何が来る?」と聞かれて,普通は「立春」と答えるが,国語辞典の関係者は「接吻」と答える,という小話を昔聞いた。

 春は待ち遠しいけれど,冬と夏とどちらがいいかと聞かれると冬の方がずっとよい。冬の寒さには衣類を着ることで対抗できるが,夏は脱いだところでそれ以上はどうしようもない。

 立春,立夏,立秋,立冬は,現代の暦では実際の季節の始まりよりかなり早い。特に立夏は,「目にはさやかに」もなかなか見えず,暑さが本格化する時期だったりする。そこへいくと,立春の方が,ちゃんと春の兆しが見え始めるような気がする。

|

« 年賀状――卯年のサル | Main | 誤解される歌詞――今こそ分かれ目,ウスが棲む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/50762318

Listed below are links to weblogs that reference 節分の次には:

« 年賀状――卯年のサル | Main | 誤解される歌詞――今こそ分かれ目,ウスが棲む »