« 夜ごと天体望遠鏡 | Main | ボローニャ歌劇場『エルナーニ』 »

Sep 18, 2011

9.11 10年と半年と

 2001年の8月から9月にかけて,帰宅が遅い日々が続いていた。テレビのニュースも時々しか見なかったが,9月1日の歌舞伎町ビル火災はかなり衝撃的な事件だった。
 9月11日夜も12時近くに何も知らずに帰ってきたところ,当時受験生だった息子が珍しくテレビを見ていて,「アメリカが大変だ」という。ワールド・トレード・センターに1機目の飛行機が突っ込んでから2時間たっていて,テレビはすべての番組を中断してこのニュースをやっていた。その後,2機目が衝突するシーンとビルが崩壊するシーンの映像が繰り返し流された。
 物心ついてから最大の歴史的なできごとは,ベルリンの壁崩壊とドイツ統一・東欧の大変動,およびそれに続くソ連の崩壊だったが,これに次ぐのが 9.11 の事件ということになる。

 それからの10年はあっという間だった。まる10年の日は,震災から半年の日に重なるという偶然も加わって,祈りの日となった。

|

« 夜ごと天体望遠鏡 | Main | ボローニャ歌劇場『エルナーニ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/52766757

Listed below are links to weblogs that reference 9.11 10年と半年と:

« 夜ごと天体望遠鏡 | Main | ボローニャ歌劇場『エルナーニ』 »