« 続々キャンセル | Main | 9.11 10年と半年と »

Sep 12, 2011

夜ごと天体望遠鏡

 8月某日,希望小売価格12万4千円の天体望遠鏡が今なら19800円,という宣伝メールが来て,反射的に注文してしまった。凝り出せばきりがない世界だが,繁華街から近い都内のこととて,とりあえず月と惑星が見えればよいと割り切れば,アイピース3個(つまり倍率が3種類になる)と三脚と赤道儀がついているので,まあお手頃かなと思った。
 到着して10日ぐらいしてようやく開梱し,説明書を頼りに組み立てたが,月齢は「月末」になってしまい,続いてのろのろ台風がやってきて天気がすぐれず,9月7日になってようやく,天体望遠鏡で「月見」ができた。ちょうど視野いっぱいに月が広がり,まぶしいくらいの明るさである。11日夜には月齢が14日となった。月の2つの名峰ティコとコペルニクスが特に輝いているのは特に壮観である。
 月以外では木星を見ている。いま木星は深夜の東の空でひときわ明るく,四大惑星が日々位置を変えているのが見える。ガリレオは402年前に初めて望遠鏡で木星を観察して四大衛星の姿に太陽系の縮図を見たという話を読んでから50年以上たって,ようやく自分の天体望遠鏡を手にすることができた。
  (→参照P9104436a

|

« 続々キャンセル | Main | 9.11 10年と半年と »

Comments

空を見なくなってからどれくらいになるかしら?
久しぶりにお月見しようかな。

Posted by: リンデ | Sep 12, 2011 at 04:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/52709133

Listed below are links to weblogs that reference 夜ごと天体望遠鏡:

« 続々キャンセル | Main | 9.11 10年と半年と »