« 神保町を離れて1年 | Main | 暗闇の中を新青森へ――延長区間初乗り »

Dec 24, 2011

復旧したひたちなか海浜鉄道 晩秋

 11月の某土曜日,東北新幹線で最後に開通した八戸―新青森に乗るべく,9時前に家を出たが,JR駅で指定席を買おうとしたら,11時まで満席だった。いさぎよくあきらめ,多少迷いつつさすらったあと,茨城県の「ひたちなか海浜鉄道湊線」を目指すことにした。元の茨城交通という私鉄の時代に乗ったことがあるが,2008年に第3セクター化されてからは初めてである。この鉄道は,震災で被害を受け,全線復旧したのは7月23日だった。Pb124827
 始発駅は常磐線の勝田である。折り返して13:16発予定の列車がなかなか来なくて,到着したのは13:26ごろ。なんのアナウンスもなく,13:29ごろあわただしく発車した。2つドアの超ロングシートのディーゼルカー1両で,50人ぐらい座り,立つ人が10人ほどの盛況だった。
 周辺の田畑などは特に変わった様子はなく,どういう被害があったのかはわからないが,鉄道は路盤がかなり流出したとのことで,真新しい部分が多かった。セイタカアワダチソウがところどころに密集している。各駅の駅名の看板は,図形入りデザインの漢字でできていた。Pb124828

 終点阿字ヶ浦で折り返し,最大の駅・那珂湊で降りる。10分ほど歩いて,おさかな市場そばで遅い昼食とした。店の入口に,床から120cmぐらいのところに「津波はここまで来た」という印がつけてあった。
 市場でハマグリとメカジキを買った。東京のスーパーの半額以下だった。その夜はハマグリの酒蒸し,翌日はメカジキのステーキにした。Pb134847_01


|

« 神保町を離れて1年 | Main | 暗闇の中を新青森へ――延長区間初乗り »

Comments

ご乗車ありがとうございました。
なんで遅れたんだろう。
確認してみます。
(吉田)

Posted by: ひたちなか海浜鉄道 | Dec 24, 2011 at 09:18 AM

美味しそうですね。「旅の味覚」
乗り物がだめな私には、なかなかお目にかかれません。
新幹線内の駅弁の匂いでもだめなので。残念。

Posted by: リンデ | Dec 24, 2011 at 08:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/53554062

Listed below are links to weblogs that reference 復旧したひたちなか海浜鉄道 晩秋:

« 神保町を離れて1年 | Main | 暗闇の中を新青森へ――延長区間初乗り »