« 旅先で聞いた訃報 | Main | エレベーターとエスカレーターについての考察 »

Jan 03, 2012

5冊の本

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる8年となるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昨年秋以降に読んだ本の中で印象に残ったものを挙げておく。

◆中野京子『<中野京子と読み解く> 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋)
 『<名画で読み解く> ハプスブルク家 12の物語』『<名画で読み解く> ブルボン王朝 12の物語』(いずれも光文社新書)が絵画に見る王朝史だったのに対し,こんどは美術自体のガイド。

◆池田麻里子『メトロポリタン・オペラのすべて――名門歌劇場の世界戦略』(音楽之友社)
 素人出身(?)ならではのインタビューによる聞き書き。メト・ライブビューイングを何本も見ている者にとっては,楽屋話のそのまた背景,特に経営面がわかっておもしろい。

◆三浦しおん『舟を編む』(光文社)
 珍しく,辞典編集者を主人公にした小説。前半いろいろな出来事があるのに対し,後半は辞典の完成に向けて一本道。

◆川本三郎『小説を,映画を,鉄道が走る』(集英社)
 小説と映画に出てきた鉄道についてのエッセイを集めたもの。かつて画面の中に登場した鉄道の現況を訪ね歩く章もある。

◆三田 完『草の花――俳風三麗花』(文藝春秋)
 句会に集う3人の女性を主人公にした連作『俳風三麗花』(文春文庫)の続編。時は昭和10年代,舞台は満州に広がる。川島芳子,甘粕正彦といった有名人が,主人公の前に都合良く(?)登場する。

|

« 旅先で聞いた訃報 | Main | エレベーターとエスカレーターについての考察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/53642406

Listed below are links to weblogs that reference 5冊の本:

« 旅先で聞いた訃報 | Main | エレベーターとエスカレーターについての考察 »