« パスとアベック | Main | 震災とマーラー ――1周年の日に »

Feb 26, 2012

「威風堂々」全5曲

 エルガーの行進曲「威風堂々」は第1番が圧倒的に有名だが,実は第5番まである。先日,たまたま全5曲が入っているCD(ショルティ指揮,ロンドン・フィル)を見つけて買った。
 生で聞いたことがあるのは第1番だけ(演奏したこともある)。第2番,第4番は昔LPレコードで聞いたことがあるが,第3番・第5番はまったく初めてだった。第1番にもっとも似ているのが4番で,文字通り同工異曲。このごろCMでも使われているトリオの旋律は,1番と同様に歌詞がつけられているという。
 1番・4番と対照的に短調で繊細なのが第2番。第3番も短調だが,2番より堂々としている。第5番は,作曲が4番の20年以上後で,雰囲気が違う。すっきり明快で,もっとも「普通の行進曲」である。
 故三浦淳史氏の解説によれば,「威風堂々」は6曲セットにするつもりだったという。なるほど,そういえば,かつては楽譜の出版というのは6曲でセットにすることがよくあった。1995年発売のままのCDなので,解説中では指揮者のショルティもまだ生きている。

 2010年の「第1番」に続き(→参照),『バンド・ジャーナル』誌で,ホルストの「吹奏楽のための組曲第2番ヘ長調」の校訂スコアが1月号から隔月で付録についている。

|

« パスとアベック | Main | 震災とマーラー ――1周年の日に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/54080046

Listed below are links to weblogs that reference 「威風堂々」全5曲:

« パスとアベック | Main | 震災とマーラー ――1周年の日に »