« 車・航空機の英語,車・野球の外来語 | Main | 桜満開の角館へ――ギャラリー »

May 05, 2012

桜満開の角館へ

 連休の谷間で他の家族にとっては平日である5月1日は,四半世紀ぐらい前から恒例の「一人旅の日」である。今年は,あまり早くは出発できない,日帰りする,という条件の中で,いくつかの候補地の中から,桜が満開というネット情報に惹かれて秋田県の角館(かくのだて)に出かけた。
 東京駅から「こまち」に乗車,盛岡で新青森行きと別れて先に発車する。秋田新幹線と言っても線路は在来線(田沢湖線)で,景色が近い。カーブも急なところがあり,けっこう揺れるし,単線なので行き違いの停車もある。大釜での交換(上りとの行き違い)は「右側通行」での交換だった。
 あちこちで桜が咲き,新緑と山の残雪が同時に見られるのが,東北の山間の5月1日である。雫石を出ると山登りで,速度が低下する。いくつかのトンネルのうち,やや長いトンネルで県境を越えると下り勾配になり,川には雪解け水が勢いよく流れている。ミズバショウらしき花も見えた。
 山間から町に出ると,田沢湖駅着。駅に,「秋田新幹線開通15周年」ののぼりが出ていた。また峠を越えて,その次のもっと大きい平野の中心が角館,東京駅から3時間20分で着いた。

 角館には前に一度,たしか12月に来たことがある。秋田内陸縦貫鉄道で角館に着き,雪が降ってきてボロ靴の中に浸水し始めたので,あわてて靴を買った覚えがある。それに引き換えこの日は,少し雲があるが,晴れて春たけなわの陽気になった。
 自転車を借りて,古い町並みの方へ。もう1時半過ぎなので,まずは昼食を探し,観光客向けではあるがまあ落ち着いた店で,きりたんぽ鍋定食を食べた。少々汗をかいた。
 桜はあちこちにあるが,しだれ桜の並木になっているのは武家屋敷通り。ポスターなどで見る写真はかなり濃いピンクであることが多いが,葉が出始めていることもあって,実際にはほとんど真っ白の花だった。その合間にも濃い色の八重桜があったり,大きなモクレンがあったりして,色も形も多彩である。
 地域の公園では,雅楽の公演が行われていた。黄色い衣装のオーケストラをバックならぬサイドにして,赤い華やかな衣装の人が舞っていた。演奏はなかなかよく整っていて,前に京都御所で見たときより少なくとも音程は良かった。
 圧巻は檜木内川(ひのきないがわ)沿いの桜だった。まさに見渡す限りで,その長さが2kmというのもすごいが,なんというか,桜の質が良く元気だ。一本一本の木が大きく,花は淡いピンクで密度がかなり高い。土手の上の道は桜のトンネルである。

 武家屋敷などは外側しか見なかったが,桜以外では,「新潮社記念文学館」を駆け足で見た。角館出身の新潮社の創業者が建てたもので,建物の外壁は『雪国』の表紙(もちろん新潮文庫版)になっていた。

 滞在3時間あまりで角館を後にした。まだ明るくて,東北にやってきたおだやかな春を,帰りも車窓から眺めることができた。
                         (写真は次の記事で)

|

« 車・航空機の英語,車・野球の外来語 | Main | 桜満開の角館へ――ギャラリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/54634931

Listed below are links to weblogs that reference 桜満開の角館へ:

« 車・航空機の英語,車・野球の外来語 | Main | 桜満開の角館へ――ギャラリー »