« リング・ファンタジー | Main | ウィーン・フォルクスオーパー 4年ぶりの3連発 »

May 27, 2012

相撲は「音がいい」

 少し前に,テレビのスポーツニュースのゲストに落合(元中日監督)が出ているのを見ていたら,話が相撲のことになった。落合は相撲が好きで,国技館に行くと昼から6時間ぐらい見ているという。相撲の何がいいですかと聞かれ,彼は「音がいい」と即答した。
 これはまったく同感で,大相撲は光と音の「劇」的空間,と前に書いたことがあるが(→参照),ナマで見るときの気分の高揚は視覚より聴覚によるところが大きい。呼び出しや行司の声,拍子木の音,場内アナウンスに,観客のざわめきが徐々に加わって,やがて大歓声やどよめきが混じるようになり,結びに向かって長大なクレッシェンドをなす。考えてみると,野球の場合も,ナマの魅力はサラウンドの音とも言える。

 昼から相撲というと,三段目ぐらいだろうか。私がいちばん早くから見たのは,幕下の真ん中へんからだった。幕下の途中,十両の取組の5番前ぐらいに,十両の土俵入りというのがある。やることは幕内の土俵入りと同じで,一人ずつ土俵に上がり,全員そろうと両手を上げたり化粧まわしをちょっと持ち上げたりで,一瞬で終わる。幕内より人数が少ないので,すき間を空けて並ぶのが幕内との違いである。

 五月場所は,千秋楽の朝,琴欧洲が休場するまでは優勝の可能性が6人に残るという大混戦だったが,最後は史上初の平幕同士の優勝決定戦となり,旭天鵬が史上最年長初優勝を飾った。中日までに白鵬が3敗し,内容的に水準が低いとも言えるが,史上初の6大関がつぶしあうのは当然だし,いろいろな意味で印象に残る場所となった。

|

« リング・ファンタジー | Main | ウィーン・フォルクスオーパー 4年ぶりの3連発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/54809170

Listed below are links to weblogs that reference 相撲は「音がいい」:

« リング・ファンタジー | Main | ウィーン・フォルクスオーパー 4年ぶりの3連発 »