« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

Jun 24, 2012

あなたは尊敬されていない

 印欧語(の全部かどうかは知らないが)の人称代名詞は,話者・相手・それ以外という関係のみで決まるきわめて「事務的」な言葉なのに対し,日本語ではそうではない。一人称が「わたし」「わたくし」「あたし」「あっし」「おれ」「おいら」「僕」などたくさんあるというだけでも印欧語とは違うが,いちばん特徴的なのは二人称代名詞を目上の人に対して使えないという制約である。
 「あなた」「おまえ」「君」はもちろん,字面は非常に尊敬しているかのような「貴様」も,同等または目下に対する言葉である。一生懸命尊敬しようとして「社会的地位のあるあなた様に…」というようなDMが届くことがあるが,無駄な努力である。かつて妻は夫に「ねえ,あなた」などと呼びかけたが,これも,他に適当な言葉がないということもあろうが,夫にかなり丁寧な言葉を使っていた人にとっても夫は目上というわけではないということなのだろう。

 ラテン語の Te Deum laudamus は「神であるあなたを(われわれは)讃える」という意味で,昔この歌詞の意味を知ったとき,神様さえも二人称代名詞で呼ぶことができるのかと驚いたことがある。
 同様に「天使祝詞」(アヴェ・マリア)は,大天使ガブリエルのマリアへの受胎告知のあいさつなので,マリアを二人称代名詞で言うが,これは日本での祈りの言葉では「主,御身と共にまします」のようにかつては「御身」と訳されていた。御身は第一に「おからだ」の意味で目上に対して使う言葉で,あまり代名詞然としていないからまだよかったが,今はこれも「主はあなたとともにおられます」となっているとのことだ。

 そこへいくと,たとえば「先生」という言葉は便利だ。だれにでも安心して「先生」と呼びかけることができ,「先生の著書」のように所有格にも使える。年のせいで固有名詞を思い出せないことがときどきあるが,先日も,先生がたくさん集まる場所に行って,「あ,先生,ごぶさたしてます。お元気そうですね。」ととりあえずあいさつしてから,えーとあの先生だれだっけ,と考えたりした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 23, 2012

新国立劇場 世界水準の『ローエングリン』

 もっと早く「特筆」したかったのだが,新国立劇場 2011-2012 シーズンの掉尾を飾った新制作の『ローエングリン』(6月1日~16日)は,記念碑的と言っても大げさではない上演だった。新国立劇場は,1997年の開場記念の演目のひとつとして,ヴォルフガング・ワグナー演出の『ローエングリン』を上演しているが,これはその後上演されないまま,新しい演出に替わったわけである。(同じ開場記念演目の中のゼッフィレッリの『アイーダ』は,その後(たぶん)2回上演され,来年3月にも再演される。)

 特に歌手はすべて良かったが,立役者はまず,タイトルロールのクラウス・フロリアン・フォークト(綴りはわずか4字 Vogt)。なんと元はホルン奏者だったというフォークトの明るい美声はローエングリンにぴったりで,2回この役を聞いたボタ山関(これも美声ではあるが)と違って姿もりりしい。エルザ,悪役2人はもちろん,ハインリッヒ王のギュンター・クロイスベック,伝令の萩原潤も存在感を示し,見事だった。
 指揮のペーター・シュナイダーは,決して強引に引っ張ることはしないが,すべてを掌握して,気がつけばまとまっていたという感じの匠の技。東フィルも好演だったが,とりわけすばらしかったのは合唱団で,合唱の出番の多いこのオペラを支えた。ただ,トゥッティのフォルテッシモのところで,キンキンという感じの高い音が耳に触った。年をとったこちらの耳のせいかとも思ったが,他にも同様のことを言っている人がいたし,前にも感じたことがある。音響装置の関係か。

 演出は,事前に悪い評判を複数聞いていたし,同じ演出家の『オランダ人』(2007年,2012年)が良くなかったので,期待していなかった。しかし今回は,わかりやすさを実現しようとしたもののようで,スリリングではないが,それほど悪いものではなかった。少なくとも,『オランダ人』よりずっとよい。で,もっともいただけないのは衣装だった。特に,合唱のかぶるヘッドギア状のものとか,テルラムントらの大きな帽子は珍妙。
 4人の小姓はほぼ同じ身長で,お腹の見えるシャツと短パンの上に白い網タイツという体型のわかる衣装を着る都合上(?),細身の人をそろえていた。『神々のたそがれ』のラインのおばさんたちがレオタード状のものを着せられて気の毒だったのと好対照。

 後でタワーレコードに行ったら,フォークト出演の去年のバイロイトのDVDがあって,「フォークトは新国立劇場のローエングリンに出演中。歌手はいいみたいですよ」という手作りポップが添えられていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2012

ウィーン・フォルクスオーパー 4年ぶりの3連発

 まとめて書こうと思っているうちに旧聞になってしまったが,5月13日から毎週日曜日に3回連続で上野に通い,ウィーン・フォルクスオーパーの来日公演を見た,という書き出しは2008年のときとほとんど同じである(前回は「毎週土曜日」だったが;→参照)。今回は9回目の来日で,演目は,超定番の『こうもり』と,意外と久しぶりの『メリー・ウイドウ』,そしてフォルクスオーパーでは初めてのニコライ『ウィンザーの陽気な女房たち』。
 最初は『こうもり』で,この日は日本で100回目のフォルクスオーパー公演だった。2008年と同じハインツ・ツェドニクの演出で,基本は伝統的だが,きびきびと動く。アイゼンシュタインはセバスティアン・ラインターラーで,調べたら1999年来日時の『メリー・ウイドウ』『チャールダーシュの女王』に出演していた。2008年にはコワルスキーが歌っていたオルロフスキー役はアルトだった。フロッシュ役はフォルクスオーパーの監督(Direktor)のロベルト・マイヤー氏(俳優)で,ちょっと酔っぱらいすぎ。アルフレート役のシルマッハーという人は東洋顔で,やたらと大きな声だった。
 20日は『ウィンザーの陽気な女房たち』。この曲は見るのは3回目で,最初は昔の二期会の公演,佐藤征一郎氏のファルスタッフが好演だったのを思い出す。こちらは小型飛行機や車が出てくる(21世紀でなく)20世紀のおもちゃ箱のような舞台。楽しいけれど,さしたる必然性は感じなかった。
 27日は『メリー・ウイドウ』。ずいぶん何度も見た曲という感じがしていたが,『こうもり』の11回に比べると少なくて7回目,しかも前に見たのは12年前で,今世紀初めてだった。昨年プレミエの新しい舞台で,それほど変わったことはしていないが,新しさとキレの良さがあった。変わっていたのは,原曲は3幕だが,「女,女,女」のマーチのところで分割した2幕仕立てにしたこと。舞台装置の基本がずっと同じなので,原曲の第2幕がはっきりポンテヴェドロ風にならないのがちょっと残念。ニェーグシュ役は再びロベルト・マイヤー氏で,カーテンコールでは指揮もした(指揮者が舞台上に出ていたので)。
 27日は日本ツアー最終日で,最後に「SAYONARA/See you again」という看板が降臨した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »