« 夏のトリビア | Main | オリンピック点描 »

Jul 31, 2012

ロンドンとミュンヘンで

 ロンドン・オリンピックが28日に始まった。このブログを始めたのがアテネ・オリンピックの年2004年の春だったから,これで3回目のオリンピックということになる。
 アテネのときの前半のように「毎日金メダル」(→参照)ということはないが,アーチェリー女子団体の銅メダルといううれしい「伏兵」もあり,まずまずの成績ではないだろうか。

 開会式前に予選が始まったのが,サッカー。その最初の試合(女子)を12時間後に控えた7月25日の昼,昼食に入ったうどん屋で,隣の席の2人はどうもサッカー協会の関係者らしい。「なでしこはどうも危なっかしいよなあ」「でも男子はもっと危なっかしい」というような話をしていた。関係者とはいえ雑談であり,冷静な分析というようなものではないけれど,気になる発言だった。
 しかし実際には,男女とも2試合終わったところで予選突破が決定した。男子はなんと優勝候補スペインを破った。予選リーグの残りの1試合で,1位通過をねらうのがいいのかどうかとか,主力メンバーをどの程度休ませるかといった贅沢な悩みを抱えることになった。

 ヨーロッパの30日夜,ロンドンで体操の男子団体が終わったころ,ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場では,合唱団で27年にわたって歌ってきたKさん(テノール,福島県出身;ブログ上の名前は「篠の風」さん)が,定年退職前の最後の舞台を終えた。最後の演目は『椿姫』だった。バイエルン州立の2011-12シーズンは7月31日に終了する。
 Kさんのブログは,大歌劇場の舞台裏が毎日綴られるという唯一無二の存在だった。その部分がなくなるのは寂しいが,Kさんが新しい生活を楽しむ様子を拝見するのを楽しみにしたい。

|

« 夏のトリビア | Main | オリンピック点描 »

Comments

本当に、篠の風さんのブログは貴重でした。第2の人生を楽しんで
いただきたいと思います。

Posted by: リンデ | Jul 31, 2012 at 07:20 PM

記事にして下さってありがとうございます。これまで拙 Blog を楽しんでいただけたということ嬉しいです。ずいぶん前にも書いた記憶があるのですが、劇場内の情報に関しては「何を書くか」というよりは「何を書かないでおくか」という点に注意を払ってきました。興味に任せて書いていたらあちこちに迷惑をかけてしまったことでしょう。

今日からわたしにとって新しいスタイルの毎日が始まります。どんな風に展開していくのか自分にも分かりません。その辺の心境を綴っていけたらと思います。今後ともどうぞよろしくお付き合い下さい。

Posted by: 【篠の風】 | Aug 01, 2012 at 02:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/55320359

Listed below are links to weblogs that reference ロンドンとミュンヘンで:

« 夏のトリビア | Main | オリンピック点描 »