« 『いたずらの天才』と40年ぶりに再会 | Main | 盆踊りの人気曲 »

Aug 30, 2012

京王線調布地下線初乗り

 8月18日から19日にかけて京王線の調布付近の地下線切り換え工事が行われると聞いて,久しぶりに「鉄」気分が高まり,「初日」の19日の午後,地下の新線を走り始めた電車に乗りに出かけた。
 まずは新宿から準特急に乗ったのだが,昼食後でぐっすり寝てしまい,調布をだいぶ過ぎてしまった。いったん降りて上りに乗る。西調布を過ぎていよいよ地下へ。当然,かなりの急勾配である。
 調布駅はホームが2層で,下り(本線と相模原線)が上,上り(新宿方面)が下になった。これまで,調布で分岐する相模原線の上りが本線下りと平面交差していたのが立体交差になったわけである。続いて,相模原線に乗ってみる。こんどは急勾配で登り,途中で上りの線路が右側に寄り添ってきたところで地上に出る。あわただしく,次の駅・京王多摩川で降りた。
 上りに乗り,こんどは調布で下車した。元の駅舎やホームは一夜にして「遺跡」になり,線路はあるが金網でふさがれている。踏切(18箇所あったとのこと)は,線路切り換えと共に普通の道として(これも一夜で!)整備された。駅の地上部分の整備・再開発には,これからまだ何年かかかるのだろう。
 次いで,本線上りの各駅停車に乗る。次の布田駅と国領駅も地下駅になり,ホームドアが設置された。柴崎駅からは元の地上駅で,太陽がまぶしい。大工事だったが,新線を通るのはあっという間だ。なお,新しい地下部分では携帯も使えるという。P8197116
P8197119

 首都圏の鉄道の大工事の完成は,次は京浜急行の京急蒲田高架化が10月21日(日)に完成・使用開始となる。調布と同様に分岐(羽田空港線)を立体交差にするものだが,こちらは地上で,しかも品川・横浜両方向と羽田方向が行き来できるようにする壮大な工事である。(→参照
 続いては,東急東横線の渋谷駅地下化と副都心線との直通が来年3月16日(土)に開始される。「鉄」の日々が続きそうだ。

|

« 『いたずらの天才』と40年ぶりに再会 | Main | 盆踊りの人気曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/55543652

Listed below are links to weblogs that reference 京王線調布地下線初乗り:

« 『いたずらの天才』と40年ぶりに再会 | Main | 盆踊りの人気曲 »