« ロンドンとミュンヘンで | Main | 横須賀からロンドンへ――オリンピック点描 その2 »

Aug 05, 2012

オリンピック点描

 ロンドンで決勝の結果が出るのは夜になることが多く,日本では未明になる。アテネのときもほぼ同様だったけれど,朝刊の最終版に,日本時間で午前0時(現地午後4時)ごろまでの競技だと一応記事と写真が載り,午前2時ごろまでだとなんとか結果だけ載るが,それ以降は間に合わない。
 それでも,普通の新聞は夕刊で追いかけることができるが,スポーツ新聞に載るのは一周遅れの翌朝になってしまい,気の毒だ。

 サッカーは,女子はブラジルを,男子はエジプトをそれぞれ零封し(この言葉,サッカーではあまり使わないですね),次は準決勝となった。準決勝は男女とも平日の午前1時開始で,寝不足の日が続くことになる。
 オリンピックでのみ見られるのがサッカーの「Great Britain」というチームだ。Great Britain というのは,いまだに「大」英帝国と言っているわけではなく,英国成立以前からの島の名である。大陸側でブリトン人が移住したブルターニュ(ブリタニア)と区別して「大ブリタニア」と称したのに由来する。

 水泳は,男女ともメドレーリレーでメダルをとり,有終の美を飾ったが,実はもう1種目「競泳」がある。それは「オープンウォーター」。10kmの遠泳で,終盤の9日(女子),10日(男子)に行われる。マラソン同様,予選なしの一発勝負である。

 ボートでは,19-24位決定戦というのがある。トーナメントで3位決定戦不要論もある中で,律儀なことだ。

|

« ロンドンとミュンヘンで | Main | 横須賀からロンドンへ――オリンピック点描 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/55355628

Listed below are links to weblogs that reference オリンピック点描:

« ロンドンとミュンヘンで | Main | 横須賀からロンドンへ――オリンピック点描 その2 »