« 下手投げ――少数派の系譜 | Main | 最近の英和辞典より »

Sep 16, 2012

若い親とロシア国歌――オリンピック点描補遺

 残暑というには暑い日が続いているが,さすがに夕方になるとだいぶ涼しい。「彼岸まで」の暑さになるのだろうか。
 今年は,恒例のヴィシソワーズを8月20日を過ぎてから3回作った。

 パラリンピックも終わり,オリンピックはだいぶ遠い過去になってしまった。今回のオリンピックで特に感じたのは,選手の親が若いということ。出場選手のほとんどが年下になったのは,モスクワ(1980)には参加しなかったこともあって,ロサンゼルス以降だが,今世紀に入ってからは選手の親がどんどん年下になっていった。全部調べることはできないが,私より上なのがはっきりしているのは,女子重量挙げの三宅宏実の父親・義行氏,レスリングの浜口京子の父・アニマル氏ぐらいのようだ。
 ところで,パラリンピックって,1964年の東京オリンピックのときにも,ささやかながらやっていたんですね。

 オリンピックの表彰式で,ロシアの国歌として旧ソ連国歌が流れてきて,あれ,そうだったんだっけ,と思った。ソ連崩壊後,ロシアの国歌はロシア帝国の国歌「神よツァーリを護り給え」が使われているという記憶があったのだが,ネット上の情報によれば,それは2000年末までのことで,その間歌詞なしの国歌だったという。「神よツァーリを護り給え」は,チャイコフスキーが「大序曲1812年」「スラブ行進曲」で引用したあの曲である。
 2001年から,ソ連の国歌が歌詞を変えてリバイバルして,現在に至っている。以前から思っているのだが,この国歌は名曲である。

|

« 下手投げ――少数派の系譜 | Main | 最近の英和辞典より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/55670675

Listed below are links to weblogs that reference 若い親とロシア国歌――オリンピック点描補遺:

« 下手投げ――少数派の系譜 | Main | 最近の英和辞典より »