« 捜査関係者への取材で――警察と報道 | Main | 雑誌と通勤電車 »

Dec 02, 2012

大学と街

 学生時代に,というのは四十何年か前だが,北海道大学にいる先輩を訪ねて札幌に行ったことがある。当時はメール,ケータイはおろかファックスもなく,固定電話は下宿にひとつで(→参照),しかも長距離電話(これも死語か)は3分何百円もしたから,いつ行ってどこで待ち合わせるかを決めるだけでも事前にハガキを何往復かさせる必要があった。
 北大は,札幌駅にほど近く,駅の北西部の広大な面積を占めていた。キャンパスが広いだけではなく,街で学生が大切にされ,街が学生を育てようとしているらしい様子が印象的だった。先輩によれば,その少し前までは,北大の学生証を見せればツケにしてくれる飲み屋もあったという。

 その後,京都に行ったときも,京都大学だけでなく他の大学を含めて,街の中で学生を大事にする伝統は感じられた。金沢でも,金沢大学は当時は城跡にあってまさに城主であり,街の中での地位は高かった
 東京でも「学生の街」はあったが,分散し,巨大都会に埋もれている。明治以来,神田駿河台周辺は学生街だったが,70年代後半から80年代に大学は次々と郊外へ移転した。大学紛争以来,学生を見る目が厳しくなった時代でもあった。

 それとはちょっと違う話だが,かつては,県の名を冠した国立大学(今は正確には独立大学法人)に電話をすると,交換手が「大学です」と言うことがあった。その県にとっては「the 大学」といううわけである。

|

« 捜査関係者への取材で――警察と報道 | Main | 雑誌と通勤電車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/56235459

Listed below are links to weblogs that reference 大学と街:

« 捜査関係者への取材で――警察と報道 | Main | 雑誌と通勤電車 »