« December 2012 | Main | February 2013 »

January 2013

Jan 20, 2013

ストレート・フラッシュ!

前々日の万歩計の数字を見たら:Aap1188016
   何かもらえないかな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メト・ライブビューイング 『ティトゥス』と『仮面舞踏会』

 前回触れたメト・ライブビューイングだが,今シーズン(2012/11-2013/5)は12月のトーマス・アデス作曲の現代オペラ『テンペスト』の後,1月の『皇帝ティトゥスの慈悲』と『仮面舞踏会』を続けて見た。
 『ティトゥス』(主催者は「ティト」とイタリア語表記)はモーツァルト最晩年の曲だが,生で見たことはない。そういえば,メトの昔のレーザーディスクを持っていたと思うが,1回見たかどうか。『魔笛』よりケッヘル番号が1つ後になっているが,実際には『ティトゥス』の方が早く完成・初演されたという。
 ジャン=ピエール・ポネル演出,ということは四半世紀以上昔の演出による格調高い舞台で,歌手もそろって好演。中でも,アンニオ役のケイト・リンジーが歌も姿も美しく,見事なズボン役だった。モーツァルトの音楽は,喜劇のような生気に乏しいがきわめて美しく,退屈しなかった。最後の方にバセットホルンのオブリガート付きの大アリアがあり,終了後の字幕ではバセットホルン奏者の名もクレジットされていた。
 ところで,ティトゥス帝というのは,ポンペイが埋まったヴェスヴィオ山の大噴火のときの皇帝なんですね。在位わずか2年で(公式には)病死。大震災のときの某首相は在任1年だったけれど。

 翌週は『仮面舞踏会』。今までにこの曲を生で見たのは3回で,ヴェルディの中期以降の作品の中ではもっとも少ない。ほとんどメロディーがない『ファルスタッフ』などより上演頻度がずっと低いのは残念なことである。
 今回は新演出で,ボストン版ではなくスウェーデン版ではあるが,史実より1世紀以上後の時代にしてある。特に前半では,合唱がよく動く舞台で非現実的なおもしろさがある。歌手は,みな声に文句はないが,見た目は『ティトゥス』に大きく劣る。アメリアはまったくのおばさんだし,小姓オスカル(ソプラノのズボン役)はずんぐりしていてとても若い男には見えない。
 あらためてすぐれた音楽だと思ったが,敵対勢力がいるのに国王がのんきにしていたり,女占い師の館に民衆がどやどややってきたりという具合で,話の展開はあちこちで間が抜けている。
(次は,来週の『トロイアの人々』に行く予定。なんと6時間)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 17, 2013

銀世界より

 1月14日朝,雨の中をメト・ライブビューイングの『仮面舞踏会』を見に映画館に出かけた。1時半すぎに終わって,エスカレーターから窓の外を見たらなんと一面の銀世界になっていた。かなり降っていた雨が雪になってすぐにこれだけ積もるというのは,あまりない事態だ。昼食は映画館からすぐのところで済ませ,まっすぐ帰宅した。
 家の周りにも積もっていて,あわてて最低限の雪かきをした。ちゃんとしたスコップがなくて能率が悪かった。買っておかなくてはと思うのだが,ふだんはなかなか思い出さない。そうそう,車のチェーンも買っておかなくては。
 翌日,電車はほぼ平常通り動いて,足下を気にしつつも普通に出勤した。昼休みに,いつものようにドトールに行ったら,「パンの配送が遅れているため,ミラノサンド,ホットドッグ等はできません」という貼り紙が出ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2013

7台目のパソコン

 正月休みのうちに届く予定だった新しいパソコン(Windows 8)が,遅れて届いた。平日の夜遅くからセットアップを始めたら,最低限のソフトを入れてとりあえず日常の用途に使えるようになったのは午前3時を過ぎていた。
 1991年暮れに初めて自分のパソコンを買って以来7台目で,5台目以降今回まで同じメーカーである。前回は突然青い画面が出て動かなくなったためにやむを得ず買い換え,5年以上使った。これまでの6台の中でいちばん長く使ったことになる。今回はまだ使えていたのだが,動作が少し不安定になっていたので,Windows 8 が出たのを機に新しくすることにした。モニターは前のままなので,タッチパネルではない。

 4台目まではほぼ2年半ごとに買い換えた。4台目は4年,5台目は4年半とだんだん使用期間は延びてきた。
 値段は逆に下がっている。最初の98noteは,池袋某所で30万円を切っていると会社の人に聞いて,急いで駆けつけて買った。画面はモノクロ480×640ドット,ハードディスクはオプションで40MB(GBではない)のを入れた。
 2台目はデスクトップにした。モニターはカラーになり,スピーカーとCD-ROMドライブもついて(後から自分で取り付けた),今日のパソコンに近い形になった。これは文字通り机の上に置くもので,その上にCRTモニターを置いたが,3台目からは机の下に置くタワー形になった。以後,モニターが液晶になった以外は,外見上の変化は少ない。

 使用期間がまた延びるとすると,今度の機械は2019年まで,もしかしたら2020年まで使うことになるかもしれない。そのころのパソコンはどうなっているのだろうか。

1) 91.12  98note   MS-DOS
2) 94. 3   FMV     DOS/V →Windows95
3) 96.10  Gateway  Windows95
4) 99. 3  Gateway   Windows98 →2000
5) 03. 4  Dell     XP
6) 07.10.  Dell     Vista
7) 13. 1  Dell     Windows 8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 02, 2013

2012年を送る

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる9年となるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大みそかは,午後外出して,秋に高架化が完成した京急蒲田のその後の様子を見に行く。地上の線路は一部はがされていたが,残っている部分もあった。空港線の踏切はまったく跡形がない。2日・3日の箱根駅伝では,選手たちは,文字通りなにごともなかったかのように通過していくことだろう。
 次いで,CDショップへ。アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のマーラーの交響曲全集,バレンボイムのベートーヴェン・ピアノソナタ全集のブルーレイ・ディスクが通常のCDよりも安く売っていたのを買う。マーラーはいろいろな指揮者による2009~2012年のシリーズ公演を収録したもので,「大地の歌」と第10番を含む。

 夜は,鍋の夕食のあと,テレビでロジャー・ノリントン指揮N響の「第九」を見る。飲んだあとだったのでところどころ居眠りしたが,めちゃくちゃおもしろい新鮮な演奏だった。合唱が例年と同じく大人数なのは不釣り合いな感じだったが。
 11:30からは東急ジルベスター・コンサートの生中継。カウントダウンの曲「威風堂々第1番」が終わると同時に新年を迎えるという計画が,ほとんど誤差なく実行された。最後の曲はなんと「運命の力」序曲。ヴェルディ生誕200年にちなんだものだが,よりによって最後にみな死んでしまう悲劇の序曲というのは縁起最悪だ。他のちゃんとした序曲もみな悲劇ではあるが,せめて「ナブッコ」ならもう少し救いがある。
 オケは東フィル。東フィルは年末年始もっとも勤勉で,正月早々3日にNHKのニューイヤー・オペラコンサートにも出演する。ただし,もっとも楽団員が多いオケでもあるので,両方に出演するメンバーは少ないのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »