« 元町・中華街方面行き | Main | 追悼 ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏 »

Feb 25, 2013

Take Five and Nine

 昨年12月に死去したデイヴ・ブルーベックのクヮルテットは,MJQ(Modern Jass Quartet)と共に室内楽的なジャズの双璧だった。ピアノ,ベース,ドラムの基本トリオに加わるのが,ブルーベックではポール・デズモンドのアルト・サックス,MJQ ではミルト・ジャクソンのヴァイブ(ビブラフォンと書かれることが多かった)というのも,響きの点で好対照だった。
 ブルーベックの最大のヒット作はいうまでもなく5拍子の名曲 Take Five だった。高校の吹奏楽でアルト・サックスを吹いていた私は,Take Five を何度も聞いて覚え,アドリブを楽譜に書き起こしたりもした。卒業の時には,ピアノで基本的なコードをそれらしく弾ける友人といっしょに,オープンリールのテープに録音した。
 ブルーベックのリズムが印象的な曲としてはもうひとつ,Blue Rondo a la Turk(トルコ風ブルーロンド)がある。これは譜面はたぶん8分の9で書いてあるのではないかと思うが,冒頭の3小節のリズムは (2/8)×3+3/8,4小節目は (3/8)×3で,この4小節が積み重なってロンドのテーマをなす。Take Five と違ってはしゃいだ感じがおもしろい。中間部は表情が一転して4拍子の普通のブルースになる。

 5拍子ではなくて5連音符の話だが,昔々のN響では,5連音符が出てくると「ナカメグロ」「ナカメグロ」と唱えてリズムを理解したという。これは,N響の練習場が高輪の前は中目黒にあったのにちなむ。

|

« 元町・中華街方面行き | Main | 追悼 ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/56836347

Listed below are links to weblogs that reference Take Five and Nine:

« 元町・中華街方面行き | Main | 追悼 ヴォルフガング・サヴァリッシュ氏 »