« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

Apr 20, 2013

サー・コリン・デイヴィスの2つのオペラ

 指揮者コリン・デイヴィスが4月14日に死去した。享年85歳。
 実演に接したのは1979年のロイヤル・オペラ初来日のときの『ピーター・グライムズ』『魔笛』のみだが,特に『ピーター・グライムズ』は鮮烈な体験で,サー・コリンの名は深く記憶に刻まれた(→参照)。
 ロイヤル・オペラの次の来日は1986年で,そのときにはもう音楽監督を退任していた。その後,バイエルン放送交響楽団などと共に来日したのではないかと思う。

 79年の『魔笛』は,最後に小さなパパゲーノ,パパゲーナがたくさん出てくる楽しい舞台だった。カーテンコールで「司会者」が出てきたのでなんだろうと思ったら,「今日,指揮者のサー・コリン・デイヴィスに赤ちゃんが生まれました」というニュースの紹介で,花束と盛大な拍手が贈られた(→参照)。サー・コリンは当時51歳だったことになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 15, 2013

ワグナー週間

 先週は大ワグナー週間だった。まずは7日(日)に東京・春・音楽祭の『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(演奏会形式;東京文化会館)。2月にチケットを買おうとしたら売り切れであきらめていたのだが,3月下旬になって再び案内メールが来たのでチケット・サイトを見てみたら数枚残券が出ていて,あわてて購入した。
 3時からのはずだったが,当日は暴風が吹いて電車が遅れたりしていたので,10分遅れで開演となった。ひな壇なしのオーケストラ(N響)の手前に指揮台と同じぐらいの高さの舞台が作られ,そこに椅子と譜面台を置いて,歌手は適当に出入りするが,ほぼ純粋に演奏会形式だった。違うのは,背景に古版画とおぼしき風景が投影され,そこに字幕が出ること。ただし,背景が明るくて,字幕が見にくかった。合唱は1幕の教会の場面では陰で歌い,2幕と3幕後半で舞台に登場した。
 歌手はなんといってもフローリアン・フォークト(ヴァルター)で,昨年のローエングリン(新国立劇場)に続いて美声全開。あとは,ポーグナーのギュンター・グロイスベック。新国立劇場の『チェネレントラ』(2009年)に出たことがあるらしい。まだ若いようなので,先が楽しみだ。
 指揮はセバスチャン・ヴァイグレ。93年のベルリン国立歌劇場の来日公演で『魔笛』を振っているらしいが,ほとんど記憶になかった。テンポがそれほどゆっくりだったわけではないが,印象としては概してのんびりムード。

 次いで10日(水)夜,メト・ライブビューイング(映画)の『パルシファル』を見た。タイトルロールはヨナス・カウフマン,グルネマンツはルネ・パーペ,指揮はダニエレ・ガッティ。新演出による3月2日の上演で,抽象的な大がかりな舞台に,服装は白ワイシャツに黒ズボンという「平服」だった。
 この曲,特に第1幕・第3幕はひたすら神聖で,長い。演奏によって上演時間はずいぶん違うが,正味265分というのはかなり遅い方だと思う。『マイスタージンガー』に迫る長さである(『マイスタージンガー』は第3幕が長いが,『パルシファル』は第1幕が長い)。
 ヴェルディは『ファルスタッフ』を最後の作品として意識していたが,ワグナーは『パルシファル』が最終作だと思っていたわけではない。ワグナーがこの次の作品のためにブッダを研究していたということを意識してか,この上演では仏教的な所作を加えているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 07, 2013

春の記 2013 Ranger & Rangers

 3月29日,北朝鮮から,ミサイルで攻撃可能な都市として故郷「横須賀」がご指名をいただいた。
 なにしろ米軍基地とは金網を挟んですぐ隣にある小学校だったこともあり,米軍基地の存在は常に意識されていて,冷戦の相手のソ連がアメリカを攻撃しようとすれば,まず横須賀が狙われるというのが子供にとっても「常識」だった。それから半世紀以上過ぎて,別の攻撃者候補が現れるとは。
 金網の向こうは米海軍の病院だった。ふだんは周囲は人通りも少なく,ときどき車いすに乗った人が看護婦さんに押されて通ったりした。後にヘミングウェイの『武器よさらば』を読んだとき,舞台となった病院の風景としてこの米海軍病院を重ね合わせたりした。

 4月3日の昼前,歯科医院の待合室でケータイを見ていたら,レンジャーズの第2戦でダルビッシュが先発し,「パーフェクト続行中」というニュースが目に入った。その時点で6回まで一人のランナーも出していないという。
 まもなく診療室に入ったところ,ラジオが流れていて,DJが「いやあ,大リーグがたいへんなことになっています」などと言っている。しかし続報がない,または聞こえないまま終わり,職場に戻ってケータイを見たときは,「あと1人で完全試合を逃す」という見出しが躍っていた。うーん,なんとも惜しい。
 上で横須賀のことを書き,次いでレンジャーズと書いて,昔米軍基地に空母レンジャー号を見学に行ったことを思い出した。原子力以前の大型空母である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »