« ワグナー週間 | Main | 映画『舟を編む』――連休短信(1) »

Apr 20, 2013

サー・コリン・デイヴィスの2つのオペラ

 指揮者コリン・デイヴィスが4月14日に死去した。享年85歳。
 実演に接したのは1979年のロイヤル・オペラ初来日のときの『ピーター・グライムズ』『魔笛』のみだが,特に『ピーター・グライムズ』は鮮烈な体験で,サー・コリンの名は深く記憶に刻まれた(→参照)。
 ロイヤル・オペラの次の来日は1986年で,そのときにはもう音楽監督を退任していた。その後,バイエルン放送交響楽団などと共に来日したのではないかと思う。

 79年の『魔笛』は,最後に小さなパパゲーノ,パパゲーナがたくさん出てくる楽しい舞台だった。カーテンコールで「司会者」が出てきたのでなんだろうと思ったら,「今日,指揮者のサー・コリン・デイヴィスに赤ちゃんが生まれました」というニュースの紹介で,花束と盛大な拍手が贈られた(→参照)。サー・コリンは当時51歳だったことになる。

|

« ワグナー週間 | Main | 映画『舟を編む』――連休短信(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/57209666

Listed below are links to weblogs that reference サー・コリン・デイヴィスの2つのオペラ:

« ワグナー週間 | Main | 映画『舟を編む』――連休短信(1) »