« 2つのアトリエ記念館――連休短信(4) | Main | メト・ライブビューイング『ジュリオ・チェーザレ』 »

May 14, 2013

野尻抱影『天体と宇宙』再び

 2009年4月の当ブログに,子供のころ野尻抱影『天体と宇宙』を暗記するほど読んだと書いた(→参照)ところ,それから3年半後の昨年秋に,「オペラ大好きの天文学者」さんからコメントをいただいた。『天体と宇宙』を「暗記するほど読んだ」方で,結局本職の天文学者になったとのことだった。
 それから半年後の今週5月12日の朝日新聞の読書欄の「思い出す本 忘れない本」というコーナーで,多くの著書のある天体写真家がこの『天体と宇宙』を紹介している。その文中に「全頁の文章をそらんじられるほど,しつこく何度も読み返しました」という一節があり,思わず「あ,またひとり」とつぶやいてしまった。

 最近の宇宙論関係で(もちろんわからないところはたくさんあったがそれでも)おもしろかったのは村山斉『宇宙になぜ我々が存在するのか』(講談社ブルーバックス)だった。この著者は,大学のオーケストラでコントラバスを弾いていた人らしい。

|

« 2つのアトリエ記念館――連休短信(4) | Main | メト・ライブビューイング『ジュリオ・チェーザレ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/57380158

Listed below are links to weblogs that reference 野尻抱影『天体と宇宙』再び:

« 2つのアトリエ記念館――連休短信(4) | Main | メト・ライブビューイング『ジュリオ・チェーザレ』 »