« ガブリエーリの饗宴 | Main | 馬名コレクション 2013-14 »

Jan 04, 2014

頌春 2014年

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる10年となるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今回は,その気になれば歩いても行かれる距離の(実際にはタクシーに乗ったが)親族宅で,2家族が集まって年を越した。12月27日の友人宅での忘年会に続き,ゆで豚を作って持参して好評を得た。帰宅は1時半。
 平穏な新年を迎え,元日は,かき集めたおせちを昼近くなってから食べた。去年に続き,大晦日の午後に作ったなますが,箸休めに好適だった。雑煮は,鶏肉,なると,小松菜入りのすまし汁に,焼いた切り餅を入れる関東風。
 元日の夜に,こんどは自家用にゆで豚を作ったが,材料費をケチったらアブラが多くて,出来はいまひとつ。ちゃんとした肉を買ってもう一度作ろうと思う。

 1991年の引っ越しのときにLPのプレーヤーと大きめのスピーカーを捨てて以来,オーディオ関係の動きにほとんど無関心でいた。しかし12月に,畏友ならぬ畏サイト「CLASSICA」で「レコード芸術」編 ONTOMO MOOK『iTunes ではじめるクラシック音楽の愉しみ』という本が紹介されていたので読んでみたところ,クラシック関係も含めてネットオーディオの世界がすごいことになっていることがわかった。そのひとつのキーワードは「ハイレゾ」で,久しぶりに家電量販店のオーディオ関係の売り場に行ってみたら,なるほどハイレゾのコーナーができていた。
 常にそうだが,ネットオーディオの機器もピンキリで,リタイア前に手を出すかどうか,迷うところである。

 主なデパートやスーパーは2日から営業を始めた。
 昨年6月以来クラシックBGM路線を歩んでいる近所のスーパー(→参照)では,12月に「改訂」が行われ,モーツァルト:フィガロ序曲,魔笛序曲,29番4楽章,リンツ3楽章,ベートーヴェン:皇帝1楽章,8番1楽章・3楽章,といったラインナップになった。

|

« ガブリエーリの饗宴 | Main | 馬名コレクション 2013-14 »

Comments

飯塚さんの茹で豚に触発され
両面フライパンを注文しました。
ローストポークやミートローフ色々作ってみようと思います。オリーブオイルが体に良いというので、今朝はやまくらげをもどし炒め煮しましたが、和食にもよかったのかなぁ。

Posted by: 川上智子 | Jan 07, 2014 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/58881171

Listed below are links to weblogs that reference 頌春 2014年:

« ガブリエーリの饗宴 | Main | 馬名コレクション 2013-14 »