« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

Jan 26, 2014

クラウディオ・アッバード死去

 1月20日,クラウディオ・アッバードが死去した。年をとってもあまり「老成」という感じではなかったが,もう80歳だった。
 最初は,1973年春の初来日のときに聞くはずだった。ウィーン・フィルとのモーツァルト・プログラム(ヴァイオリンとヴィオラの協奏交響曲,交響曲40番・41番)のチケットを買ってあったのである。しかし,入社直後の研修合宿があって,泣く泣く友人に譲った。もっとも,このときは指揮者は二の次だったが。
 初めて実演に接したのは,1981年9月のミラノ・スカラ座の初来日公演(→参照)で,以後,一部記録がない部分もあるが,オペラを7回
 1981 ミラノ・スカラ座 『シモン・ボッカネグラ』『セビリャの理髪師』
 1989 ウィーン国立 『ランスへの旅』『ヴォツェック』
 1994 ウィーン国立 『フィガロの結婚』『ボリス・ゴドゥノフ』
 2000 ベルリン・フィル 『トリスタンとイゾルデ』
コンサートを3回
 1981 ミラノ・スカラ座 ヴェルディ:レクィエム
 1983 ロンドン交響楽団 マーラー5番ほか
 1988 ヨーロッパ室内管弦楽団 モーツァルト:木管の協奏交響曲ほか
聞いた。
 最初のスカラ座の印象は強烈で,前にも当ブログに書いた(→参照)ように,特に『シモン・ボッカネグラ』は歌手もベストメンバーで,オペラが「総合」芸術だというのはこういうことなのかと思った。このときの歌手のギャウロフもカプチルリも,演出のジョルジョ・ストレーレルもすでに鬼籍に入っている。
 83年のロンドン交響楽団のマーラーでは,オーケストラの能力の高さもあって,アッバードの動きに合わせて,まるでアンプのボリュームを操作するように音量と表情が自在に変わった。

 最後は,ザルツブルクのイースター音楽祭を再現した『トリスタン』で,細部は覚えていないが,あまりどろどろしていなくて,透明感のあるワグナーだった。最後に音が消えてから拍手がわき上がるまでの沈黙が10秒近くに及んだのは,体験した TBS(=Tokyo Bravo Service)前の沈黙の最長記録である。これも,アッバードの「人徳」という要素が大きかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 19, 2014

冬の金沢文庫と称名寺

 称名寺と金沢文庫(横浜市金沢区)に行った。地元横須賀から近かったから意識の上ではなじみがあるが,前に行ったのはいつだったか思い出せないくらい久しぶりである。京浜急行の金沢文庫駅から歩いて,手前にある金沢文庫に先に入った。Aap1180857

 金沢文庫は鎌倉幕府滅亡後600年にわたって称名寺が管理していたが,昭和に入って神奈川県に移管され,現在は県立の博物館になっている。「金沢」は歴史の教科書では「かねさわ」になっていて驚いた覚えがある。昔は「かねさわ」だったというが,現在の地名および博物館の表記は「かなざわ」である。
 「武州金沢 道しるべ」という特別展が開かれていた。道しるべ自体よりも,江戸の観光名所だった金沢八景の絵図などがおもしろかった。金沢八景は江戸の景勝地であり,池波正太郎の「御宿かわせみ」シリーズにも最後の方で金沢八景が登場する(→参照)。
 金沢文庫から崖をくりぬいたトンネルをくぐると称名寺の境内に出る。山に抱かれ,池を中心に広がる大庭園は,発掘調査や絵図を基に1970~80年代に復元・整備されたもの。真冬だが,武蔵国最南端の日差しは柔らかく,明るい。Aap1180868

 帰りは,これまた久しぶりの横浜シーサイドラインに乗った。

 子供のころ,両手の人差し指で口を左右に広げて,「こうやって,“金沢文庫”って言ってみろ」と言って「…○んこ」と言わせる遊びがあった。横須賀や横浜市南部では,金沢文庫は京浜急行の駅名として子供でも知っていたから,金沢文庫が使われたのだろう。全国的には「学級文庫」だと聞いたことがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2014

馬名コレクション 2013-14

タンスチョキン……預金金利も低いですからね
カカアデンカ………牝馬ナンバーワン 上州出身か
モモトンボ…………赤とんぼの妹
ドコフクカゼ………2004年版に「カゼニフカレテ」というのがありました
リベラルアーツ……教養ありそう
スワンソング………最後に美しい歌を歌う予定
アイリッシュハープ……あまり速そうにないが
メニアオバ…………目指すは皐月賞
バラノカオリ………森とー,泉にー,かこーーまれて
メフィストワルツ…ワルツに合わせて走るのはたいへんそう
オマワリサン………見回りに励んでいます
カラダドリーム……鍛えれば夢はかなう
ニイタカヤマ………富士山より高い頂へ
ダブルイーグル……ハプスブルク家御用達
ノイ…………………短いのがよい
デューイ……………哲学的に走る
セルバンテス………文学的に走る
ヴェルデグリーン…ダブル緑 祝有馬記念出走
ロココ………………華やかな走り
メリーウイドウ……陽気な走り
カゼニタツライオン……立ってるだけでは勝てないけど
フレンチトースト…焦がさないように焼けるか
ヒルノドンカルロ…悲劇の王子は昼行灯か
カッパドキア………このごろ治安はどうか

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 04, 2014

頌春 2014年

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる10年となるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今回は,その気になれば歩いても行かれる距離の(実際にはタクシーに乗ったが)親族宅で,2家族が集まって年を越した。12月27日の友人宅での忘年会に続き,ゆで豚を作って持参して好評を得た。帰宅は1時半。
 平穏な新年を迎え,元日は,かき集めたおせちを昼近くなってから食べた。去年に続き,大晦日の午後に作ったなますが,箸休めに好適だった。雑煮は,鶏肉,なると,小松菜入りのすまし汁に,焼いた切り餅を入れる関東風。
 元日の夜に,こんどは自家用にゆで豚を作ったが,材料費をケチったらアブラが多くて,出来はいまひとつ。ちゃんとした肉を買ってもう一度作ろうと思う。

 1991年の引っ越しのときにLPのプレーヤーと大きめのスピーカーを捨てて以来,オーディオ関係の動きにほとんど無関心でいた。しかし12月に,畏友ならぬ畏サイト「CLASSICA」で「レコード芸術」編 ONTOMO MOOK『iTunes ではじめるクラシック音楽の愉しみ』という本が紹介されていたので読んでみたところ,クラシック関係も含めてネットオーディオの世界がすごいことになっていることがわかった。そのひとつのキーワードは「ハイレゾ」で,久しぶりに家電量販店のオーディオ関係の売り場に行ってみたら,なるほどハイレゾのコーナーができていた。
 常にそうだが,ネットオーディオの機器もピンキリで,リタイア前に手を出すかどうか,迷うところである。

 主なデパートやスーパーは2日から営業を始めた。
 昨年6月以来クラシックBGM路線を歩んでいる近所のスーパー(→参照)では,12月に「改訂」が行われ,モーツァルト:フィガロ序曲,魔笛序曲,29番4楽章,リンツ3楽章,ベートーヴェン:皇帝1楽章,8番1楽章・3楽章,といったラインナップになった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »