« 鴨汁そば・かおり丼・居酒屋のロンド | Main | ドヴォルザーク――『ルサルカ』と管楽セレナーデ »

Mar 14, 2014

本日,ブログ10周年

 今日3月14日,当ブログは開設10周年を迎えた。読んでくださっている方々に,あらためてあつく御礼を申しあげる。
 この間,2回引っ越しをし,会社も移転し,その前に初めて入院し,14年ぶりに海外へ行き,などいろいろなことがあったので「あっという間」とは思わないが,うろうろばたばた右往左往しているうちに10年が過ぎた。これまでの記事数は854本で,今は週刊誌状態がやっとだが以前はもっと頻度が高かったので,平均すると4.3日に1本ということになる。
 ブログを始めたきっかけは,「ブログ1週間」(2004/03/22)にあるとおり,クラシック系サイトの雄かつ老舗の「CLASSICA」の一部がブログ化されたことだった。スタートして3本目の記事は,神保町の桜(実はアンズだったのだが)の話で,以来例年(ただし,2011年を除く),「ブログ記念日」の前後には春のきざしの話題が多い。
 今年は2度の大雪があり,その後もなかなか気温が上がらない。このところ,日差しは少し春を思わせるが,風はまだまだ冷たい。それでも,地球は公転を続けている限り,春はやってくる。

 春は,税金の申告の季節である。3年前,地震の3日後に思ったのは,申告書を提出した後でよかった,ということだった。以来,3月11日よりは前に出すようにしている。
 いつも思うのだが,国税庁のサイトにある「確定申告書作成コーナー」は,実によくできている。前の年の基本データを読み込んで,源泉徴収票や医療費の領収書その他の書類を見ながら今年の数字を入力すれば,すべていろいろ連動して計算される。最後は pdfファイルになるので,それをプリントアウトしたものを提出すればよい。

 少し暖かかった12日夜は,新国立劇場のコルンゴルト『死の都』を見に出かけた。新制作の初日を見るのは初めて。ヘルシンキのプロダクションのレンタルである。
 『死の都』は名前しか知らず,音を耳にするのは初めてだった。リヒャルト・シュトラウスの弟という感じの芳醇・妖艶・濃厚・華麗かつ繊細な調性音楽がとめどなくあふれてくる。これが23歳の若者の作品というのは信じがたい。舞台もいろいろ工夫され,充実の正味150分だった。

[ブログ記念日の記事]
2006   2008   2009   2010
2012   2013

|

« 鴨汁そば・かおり丼・居酒屋のロンド | Main | ドヴォルザーク――『ルサルカ』と管楽セレナーデ »

Comments

10周年、おめでとうございます!
いつも楽しく拝見しております。
「死の都」は来週見にいきます。評判も上々なので期待大。

Posted by: iio | Mar 17, 2014 at 11:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/59289230

Listed below are links to weblogs that reference 本日,ブログ10周年:

« 鴨汁そば・かおり丼・居酒屋のロンド | Main | ドヴォルザーク――『ルサルカ』と管楽セレナーデ »