« 山の名,岩の名,病気の名 | Main | 上野の春に指輪輝く »

Apr 01, 2014

年度末週末始末

 消費税増税前の週末,デパート,家電量販店はおそろしい混雑だったらしい。わが家では特に大きな買い物の予定はなかったので,缶ビールの備蓄を少し早めに買っただけだった。前の週にガソリンを入れたけれど,これは単に少なくなったからで,だいたいガソリンは原油価格や為替レートなど他の変動要因が大きいから,あわててもしょうがない。

 冬が寒かったから東京の桜は遅いのかと思っていたら,ラストスパートが効いて,年度内に満開になった。4月1日の入社・入学はちょうど満開の桜が出迎えてくれる。

 「ラファエル前派展」を見ようと,よく確かめずに国立新美術館(乃木坂)に行ったら,やっていない。あれ,終わったんだっけと思って検索したら,会場は,六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーだった。
 歩いて移動の途中,黒枠の案内の曰く「→朝倉家式場」――その日は青山葬儀所で朝倉摂さんの通夜があるのだった。朝倉さんのオペラの舞台には何度か接した。
 「ラファエル前派展」は,混んではいたが,精密な描写の仲間たちの作品を一応落ち着いて見ることができた。いちばん有名なミレイの「オフィーリア」は何度か日本にやってきたことがあり,たぶん二十数年ぶりの再会だった。
 当日は傘を持っていたので,美術館のある52階の傘立てに置いたのだが,これを忘れて降りてしまった。再び上りのエレベーターに乗ろうとしたら,通路で美術館の入場券を見せろという。それは当然だと思うが,正当に一度上ったことを示すために52階と記された傘立ての鍵を見せても「いや,入場券を」と許してくれない。見終わったのだから入場券は捨てていてもおかしくないはずなのに,なんとも融通が利かない。

 六本木から,地下鉄大江戸線に乗った。国立競技場駅到着前に「本日のAKB公演は中止になっております」というアナウンスがあった。

|

« 山の名,岩の名,病気の名 | Main | 上野の春に指輪輝く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/59392254

Listed below are links to weblogs that reference 年度末週末始末:

« 山の名,岩の名,病気の名 | Main | 上野の春に指輪輝く »