« ソラマメと紅茶――今春の収穫 | Main | 言葉・ことば――コレクション »

May 05, 2014

2.86% 増の方法

 消費税が増税になって1か月たち,自動改札の表示に1円単位の数字が出るのにも少し慣れた。
 今回の増税は,5%が8%になったので,まったく単純に転嫁するとすれば,本体1000円の場合
   5%税込 1050円 → 8%税込 1080円
で,税込の支払額の増加は 2.86% となる。これまで税込1000円だったものは本体は952円だったので,
   5%税込 1000円 → 8%税込 1028円
となる。

 これまで税込で端数なしにしていたものは,その扱いがいろいろである。たとえば,「10分,1000円」の床屋のチェーン「QBハウス」は,これまで税込1000円(本体952円)だったのが,税込 1080円(本体1000円)となった。本体は 5.04%の値上げなので,これが便乗値上げ分ということになる。チケットの自動販売機はこれまで1000円札だけを扱っていたのが硬貨を扱うために改修を迫られた。見ていると,この税込8%値上げのパターンは他にもけっこうあるようだ。
 愛用のドトールはもっと大胆で,税込200円(本体190円)が 220円(204円)と税込 10%,本体7.37%の値上げをした。円安になって苦しいところだったのだろうとは思うが。
 居酒屋での扱いもいろいろで,某Aではビールは据え置き,ホッピー(だけ)と焼酎は各20円上げるなどして,飲み物全体で調整をしたが,300円~500円のつまみはほぼ一律30円上げで,安いものほど便乗率が高い。某Bでは看板商品だけ10~20円,某Cでは大部分10円,といった具合だった。

|

« ソラマメと紅茶――今春の収穫 | Main | 言葉・ことば――コレクション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/59585826

Listed below are links to weblogs that reference 2.86% 増の方法:

« ソラマメと紅茶――今春の収穫 | Main | 言葉・ことば――コレクション »