« April 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

May 25, 2014

カーナビの「誤植」

 前の車は10年使った。その10年のうちの7年目ぐらいの時期に,やや簡易版のカーナビを買って自分で取り付けた。4年前に今の車にするときに,初めて最初からカーナビを入れた。カーナビは便利だが,カーナビに頼ってばかりいると,知らなかった道を覚えるということが少なくなり,このあたりで曲がればよさそうだというような感覚が働かなくなるということもある。

 カーナビのデータには,ときどき誤りがある。最初に気づいたのは,自宅近くの一方通行の道で「続いて左です。さらに分岐が続きます」と進入禁止の道へ案内することだった。自宅近くなのでカーナビを当てにしていないからいいが,知らないところだったら危険なこともあるだろう。
 もうひとつは,毎年3月に1,2回行く出身高校への道で,学校の入り口が別の所にあると思っているらしく,直前まで来たところで,ひとつ手前の細い道に案内される。無視して進むと,四角い街区の3辺を回って元に戻る道をあわてて教えてくれる。
 データが正しくても,入り口の位置の問題は大きな施設に行く場合にときどき発生する。ナビ君は「目的地に到着しました。案内を終了します。」と言ってあっさり手を引いてしまうが,おいおい,駐車場の入り口はどこだ,と1周させられることも多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2014

全面ザック

 ワールドカップ日本代表が発表になった5月12日,JFAハウス(日本サッカー協会のビル)は,全面ザックとサムライブルー仕様になっていた。前の道路が広くないので,超広角レンズがないと正面からの写真は撮れない。Aap5121211


 この日の朝のスポニチの1面は「当落線上の人」という枕詞つきで,大久保(川崎)を大特集していた。で,大久保はめでたく代表に選ばれ,翌日の紙面では「本紙予想の大穴的中」とは書いていなかったが,誇らしげだった。

 女子代表なでしこはワールドカップ出場を決めた。こちらは予選は中1日で3試合という強行日程。
 なでしこの GK山根って,身長がなんと187cm で,男子代表・川島より高いんですね。バレーボールやバスケットボールでは180cm以上の選手がたくさんいるけど,なでしこでは唯一,しかも「2位」の選手は173cmで,まさに孤高の存在である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 前回記事は,最初ブラウザーに「誤解」させる書き方をしていたので,掲出2日後に修正しました。いち早くご覧いただいてなんだこりゃと思った方,失礼しました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 11, 2014

行方不明機・失楽園・バイロイト――連休短信

 3月8日にマレーシア航空機が行方不明になってから2か月以上たち,その後セウォル号事故が起きたことなどもあって,このごろはニュースにもまったく登場しない。1987年の大韓航空機爆破は,同じく海上を飛行中の事件だったが,ほどなく機体の残骸が発見された。こんなに長い間飛行機の行方不明の状態が続くということがありうるとは。

 作家・渡辺淳一氏が死去した。渡辺氏は『失楽園』の作者として知られているが,元祖『失楽園』は,いうまでもなくジョン・ミルトン作の叙事詩で,その姉妹作『復楽園』というのもある。このたび思い出したのは,前に某ジョーク研究家から教わったジョーク:
  John Milton wrote <Paradise Lost>. Then his wife
  died and he wrote <Paradise Regained>.

 連休の合間だったか,明け方に,バイロイト音楽祭に行った夢を見た。私は実際にはバイロイトへ行ったことがないのだが,それにしてもどうも様子が変だ。開幕前のファンファーレが鳴ったりするのは確かにバイロイト風だが,まわりの風景はなんとなく日本的で,円墳のような小山の上に劇場がある。
 ファンファーレが鳴ったのでトイレに行っておこうと思うのだが,これがちっとも見つからない。やっと見つけたトイレらしきところは無粋な古い鉄の扉がひとつあるだけで,行列ができている。これでは1幕のあいだもたないよ,とあせりながら,自分でもその状況がおかしいなと思い始めて,目が覚めた。

[追記] 5月11日にこの記事を掲出したとき,ブラウザが「誤解」する書き方をしてしまいましたので,13日に修正しました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 06, 2014

言葉・ことば――コレクション

 昭和の御代のこと,出先で入った中華料理店で,頼んだタンメンがなかなか出てこないので,若い女子店員に「タンメンまだですか」と(穏やかに)言ったところ,その店員は奥の厨房に向かってなんと「タンメン,ツイキュウでーす」と叫んだ。おいおい,追及なんかしてないよ,と思ったが,もしかして追求したということになるのかな,と思い直した。
 まったく別のとき,同様の場面で,「請求です」と言っているのも聞いたことがある。

 東京の郊外の道を車で走っているとき,信号で止まったすぐ脇にあったある種のホテルの案内に曰く,「STAY ----円 LEST ----円」――うわっ,なんで「…するといけませぬゆえ」が出てくるんだ。一瞬後に「文脈」から気づいたのは,どうやら「ご休憩」のことを「REST」と書こうとして間違えたのですね。

 昔,週刊誌の一コマ漫画でイカをネタにした特集があって,人魚みたいな色っぽいイカ「エロイカ」と,2人連れの間に割り込もうとするイカ「ジャマイカ」というのがあった。
 同じ連載だったような気がするが,やたら太い槍を人が肩にかついでいる「おもいやり」,先がとがって槍の先のようになっている大きな巻き貝「やりがい」というのもあった。

 都内某所に「ココ・ゴローゾ」というイタリアンの店がある。イタリアンということもあって,どうしても『蝶々夫人』の登場人物「ゴロー」と「ボンゾ」を足し合わせたような感じがしてしまう。

 これは比較的最近のこと,某居酒屋のカウンターで,隣にいた男2人の会話に「セリーグ」「パリーグ」という言葉が出てくるのが聞こえてきた。野球の話をしているなら何の不思議もないのだが,(聞きたくなくても)聞こえてくるのは職場の内部事情で,まったく野球の話は出てこない。
 その意味がわかったのは,だいぶたって,「あの人,セリーグだからなあ。こないだもねえ…」といった具合に「具体例」が話題になってからだった。「セリーグ」というのは「セクハラをする傾向,またはその傾向のある人」,「パリーグ」というのは「パワハラをする傾向,またはその傾向のある人」のことなのだった。うん,これは便利な言葉かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2014

2.86% 増の方法

 消費税が増税になって1か月たち,自動改札の表示に1円単位の数字が出るのにも少し慣れた。
 今回の増税は,5%が8%になったので,まったく単純に転嫁するとすれば,本体1000円の場合
   5%税込 1050円 → 8%税込 1080円
で,税込の支払額の増加は 2.86% となる。これまで税込1000円だったものは本体は952円だったので,
   5%税込 1000円 → 8%税込 1028円
となる。

 これまで税込で端数なしにしていたものは,その扱いがいろいろである。たとえば,「10分,1000円」の床屋のチェーン「QBハウス」は,これまで税込1000円(本体952円)だったのが,税込 1080円(本体1000円)となった。本体は 5.04%の値上げなので,これが便乗値上げ分ということになる。チケットの自動販売機はこれまで1000円札だけを扱っていたのが硬貨を扱うために改修を迫られた。見ていると,この税込8%値上げのパターンは他にもけっこうあるようだ。
 愛用のドトールはもっと大胆で,税込200円(本体190円)が 220円(204円)と税込 10%,本体7.37%の値上げをした。円安になって苦しいところだったのだろうとは思うが。
 居酒屋での扱いもいろいろで,某Aではビールは据え置き,ホッピー(だけ)と焼酎は各20円上げるなどして,飲み物全体で調整をしたが,300円~500円のつまみはほぼ一律30円上げで,安いものほど便乗率が高い。某Bでは看板商品だけ10~20円,某Cでは大部分10円,といった具合だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2014 | Main | June 2014 »