« 雨後の修善寺,雨中の軽井沢 | Main | おかしな話なんですが »

Jul 28, 2014

歴史の記憶――サラエボ事件から100年

 今年6月,第一次世界大戦の引き金となったサラエボ事件から100年を迎えた。第一次大戦は4年後に終結したが,そのわずか21年後に,第二次世界大戦が始まった。今日までの100年のうち,最初の31年が大戦の期間だった。
 私の祖母は1885年生まれで,100年前には29歳。さっき気づいたのだが,私が生まれたときには,祖母は今の私の年齢だった。この年代の人は,日清戦争が9歳,日露戦争が19歳,太平洋戦争が56歳で,日露戦争以降は大人としての記憶があるはずだ。
 祖母が昔,笑い話として話をしていたのだが,祖母より少し年上のおばあさんが「戦争のときに」と言うので直近の太平洋戦争のときのことだと思ったら,実は日露戦争のことだったとのこと。若いときの記憶が鮮烈だったのだろう。

 私が小学生のころ,戦後のサンフランシスコ平和条約あたりまでが,すでに「歴史」の中のできごとになっていた。祖母が大人になったころ,明治維新は37年前のことで,もちろん歴史の中のことになっていただろうが,体験者はまだたくさんいたはずで,町並みも江戸時代の面影が濃かったことだろう。
 今から37年前といえば1977年,有珠山の噴火や王貞治の756号ホームランの年であり,当時東ベルリンのベルリン国立歌劇場が初来日した年である(→参照)。
 100年といえば長い年月で,たくさんの歴史が詰まっているが,3世代の記憶でカバーできる年月でもある。
   (→参照:「作曲家の没年」――これももう10年前)

|

« 雨後の修善寺,雨中の軽井沢 | Main | おかしな話なんですが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60055859

Listed below are links to weblogs that reference 歴史の記憶――サラエボ事件から100年:

« 雨後の修善寺,雨中の軽井沢 | Main | おかしな話なんですが »