« 新国立劇場 シーズン最後は『鹿鳴館』 | Main | 夢はかなたに »

Jul 06, 2014

速報 リヨン歌劇場『ホフマン物語』

 7月5日,フランス国立リヨン歌劇場の『ホフマン物語』初日を見た。長年海外のオペラの来日公演を見ているが,フランスの団体を見るのは初めてだった。指揮は首席指揮者の大野和士。この日の未明,ワールドカップ準々決勝でフランスが敗れるというタイミングの悪い初日だった。
 もうひとつ,ヒロインの4役を一人で歌うのを見るのも初めてだった(歌手はパトリツィア・チョーフィ)。これまで4回見た『ホフマン物語』のうち3回は同じ演出(フィリップ・アルロー@新国立劇場)なので,もともと経験値が高いわけではないが,いずれも4役を別々の歌手が歌っていた。(当日会った知人は,ミュンヘンでダムラウが一人で歌うのを見たことがあると言っていた。)
 適度に刺激的な好演だった。土曜日の初日なのに空席が見たところ1割以上あった。3回公演だが,3回目はなぜか平日の午後なので,どうなることか――と心配になったので,珍しく「速報」した次第。

 3階のサイドの前の方の席だったので,ピットの中がよく見えた。オケの音も明快に聞こえる。
 チューニングのとき,オーボエ奏者が立ち上がって,最初に木管,次に金管,次いでコントラバス,そして他の弦楽器の方に向かってAを吹いていた。バソンでなくファゴットを使用。コントラバスはフレンチボウとジャーマンボウが混在していた。

|

« 新国立劇場 シーズン最後は『鹿鳴館』 | Main | 夢はかなたに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/59936350

Listed below are links to weblogs that reference 速報 リヨン歌劇場『ホフマン物語』:

« 新国立劇場 シーズン最後は『鹿鳴館』 | Main | 夢はかなたに »