« ロリン・マゼール氏死去 | Main | 歴史の記憶――サラエボ事件から100年 »

Jul 21, 2014

雨後の修善寺,雨中の軽井沢

 7月某日,台風が駆け抜けた直後の伊豆の修善寺に行った。子供のころに狩野川台風というのが来て恐ろしかったという記憶があるので,出かける前には心配もあったが,台風は予想より早く行ってしまって,当日は暑くなった。
 町の中央を流れる川の岸に大型のクレーンが出ていた。川の中にある「独狐(とっこ)の湯」の小屋が台風に備えて避難してあったのを,元に戻す作業をしているのだった。地元の人に聞いたところ,この川は狩野川の支流で,狩野川台風の時は氾濫しなかったが,その後2回かなりの水害にあっているので,台風のときなどは独狐の湯の小屋を外して避難させるのだという。Aap7111251


 その2日後,こんどは軽井沢へ軽井沢高原文庫の立原道造展を見に行った。いつもは駅から自転車を借りて行くのだが,駅を降りるとわずかながら雨が降っていたので,やむを得ずタクシーを使った。
 見終わったときにはどしゃ降り。しばらく待ったが小雨になる気配はなく,またやむを得ずタクシーを呼んで,中軽井沢駅へ。駅前では,お祭りを敢行してしていて,立派な神輿が雨の中できらめいていた。それにしても,雨で気の毒。
 駅前の蕎麦屋「かぎもとや」で昼食。雨でも混んでいたがすぐ座れた。後で調べたら,かぎもとやは17年ぶりだった。蕎麦には漬け物がついてくるとか酒類は一人1本だけといったすっかり忘れていた掟を,ああそうだったなと思い出した。
 帰り,新幹線は満席で,高崎までの自由席特急券を買う。予想通り自由席もいっぱいで,高崎からは在来線でゆったり寝て帰京した。

|

« ロリン・マゼール氏死去 | Main | 歴史の記憶――サラエボ事件から100年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60018833

Listed below are links to weblogs that reference 雨後の修善寺,雨中の軽井沢:

« ロリン・マゼール氏死去 | Main | 歴史の記憶――サラエボ事件から100年 »