« 10月の断章――漢字の見間違いほか | Main | 言葉・ことば 2014年11月 »

Oct 26, 2014

欠けたコップとレントゲン車

 先日歯医者で,左下の1本の歯のところに麻酔をかけられた。治療は短時間で終わり,うがいをしてくださいと言われて紙コップで水を口に含もうとしたら,感触がおかしい。あれ,コップが欠けている,と思ってコップを回して別の部分から飲もうとしたが,同じく欠けている。そんなおかしなコップがあるはずがないと思って一瞬の後,治療した歯のすぐ前の唇の一部分の感覚が麻酔のせいでなくなっていることに思い至った。
 欠けたコップ状態は,その後40分ぐらい続いた。

 職場の健康診断があり,いつものようにレントゲン車がやってきた。昔は,胸部レントゲンの車と,胃のバリウム検査の車と2台来たと思うが,いつのころからか1台に両方収まるようになった。この車,塗色は明るいが近くで見ると巨大で迫力満点,装甲車のようだ。
 その数日前,某大学病院の前を通りかかったら,「職員健康診断」という看板が出ていた。病院職員の健康診断ならレントゲン車が来る必要はないのだろうなと思ったが,某関係者によると,病院内の検査設備は通常の検査で手一杯で,健康診断のときにはやはりレントゲン車が来ることがけっこうあるという。

 第3セクターの三陸鉄道は,2014年度上半期,21年ぶりに黒字になるという。まことにめでたい。ただし,下半期は乗客が減るので年度全体では赤字の見込みで,経営の厳しさは続く。
 三陸鉄道は北リアス線と南リアス線に分かれているが,その間をつなぐJR山田線は今も運休中である。

|

« 10月の断章――漢字の見間違いほか | Main | 言葉・ことば 2014年11月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60545820

Listed below are links to weblogs that reference 欠けたコップとレントゲン車:

« 10月の断章――漢字の見間違いほか | Main | 言葉・ことば 2014年11月 »