« ヒトラーの演説 | Main | 警察の立て看,イタリアのスリ »

Nov 29, 2014

公・私ともに区切り

 新聞で,その新聞社自身のことについて何か告知するのを社告というが,ブログの場合はなんというのだろう。ブ告,か。
 これまで,このブログおよび「本拠地」ウェブサイトでは,会社の周辺や社員の(仕事以外の)ことはときどき書いたが,仕事のことはほとんど書いたことがなかった。そのため,遊んでばかりいるような印象を与えたかもしれないが,実は長年,だいたいまじめに会社勤めをしてきた。ここ2年間は会社で最年長となり,昔のことについての問い合わせなどを一手引き受けの状態となっていた。
 で,「ブ告」だが,これにピリオドを打って:

==========================================
 私儀,今週,会社の役職を退任,退職しました。
==========================================

 ブログを始めてからの期間は,勤務していた年数の4分の1ぐらいになる。この間,このブログの読者の方々にも,仕事を続けるためのエネルギーの一部を与えていただいた。厚く御礼申しあげます。
 昔,貴族の晩餐では,セレナーデの後には退場の行進曲が演奏されたという。行進曲ほど元気よくはないが,付録として今後1年間,子会社で,残っている仕事をする予定である。昼食の店を訪ねる旅はもう少し続く。

 参加していたアマチュアのオーケストラで長年指揮・指導をしていたT先生が9月に亡くなった。学生時代以来45年にわたってお世話になったそのT先生を偲ぶ会が,奇しくも退職の前日に開かれ,多くのプロ・アマの音楽関係者が参加した。
 追悼演奏は,故人が得意にしていたモーツァルトの交響曲第40番。T先生のヴィオラ,ヴァイオリンの教え子を中心に演奏参加希望者が多く,異例の70人規模のオーケストラになった。

  ――かくして,公・私の大きな区切りが,同時に訪れた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
 土曜日に大阪へ最後の出張に出かけた。このところ関西での用事は京都ばかりだったので,大阪は久しぶりで,大阪駅の上を覆う屋根を初めて見た。
 帰りの新幹線が,新横浜の直前で停電,停車した。長年新幹線に乗っているが,これは初体験。「ただいま,岐阜羽島から東京の間で停電しております」という。家族に LINE で連絡したところ,「長野の地震のためか」という反応があり,まもなく車掌からも「長野県で大きな地震があり,安全確認をしております」というアナウンスがあった。非常灯がけっこう明るいのでそれほどざわつくこともなく,約20分後に回復,発車した。

|

« ヒトラーの演説 | Main | 警察の立て看,イタリアのスリ »

Comments

第2の人生へのご出発、前途のご多幸をお祈りしております。

Posted by: リンデ | Dec 04, 2014 at 08:47 PM

長い間お疲れ様でございました。
横浜での研修を思い出しております。

Posted by: 川上智子 | Dec 10, 2014 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60730876

Listed below are links to weblogs that reference 公・私ともに区切り:

« ヒトラーの演説 | Main | 警察の立て看,イタリアのスリ »