« 警察の立て看,イタリアのスリ | Main | 隣人たち »

Dec 14, 2014

選挙今昔

 午前中の用事をひとつすませていったん帰宅し,午後,日がかげって気温は7度と寒くなったが,選挙に出かけた。投票所となっている区の施設を出たところで,明るい雰囲気の若い男に呼び止められた――「NHKの出口調査なんですが」 出口調査が行われるようになったのはそれほど昔のことではないとはいっても,それから十何回か選挙をしていると思うが,出口調査のお声がかかったのは初めてで,思わず「あ,初めて出会った」と口走ってしまった。
 ボードの上のアンケート用紙に,年代,投票した候補者(小選挙区),投票した政党(比例区),支持政党などの選択肢があって,丸をつける。なにも正直に書く必要はないよな,という考えが一瞬頭をよぎったが,結局正直に記入して,ものの10秒で終わった。
 となると,開票速報はNHKを見るか,という気になってきた。

 今は開票はどこも即日開票で,夜半過ぎには大勢が判明するが,昔は大都市圏は翌日開票だった。1980年の「ハプニング解散」に伴う衆参ダブル選挙のときなどは,翌月曜日に有給休暇を取った。そのときは,衆議院の開票が優先され,参議院は月曜夕方になっても結果が出なかったと思う。

 子供のころには,故郷・横須賀の商店街の建物の壁に開票結果の表示板が作られていた。運動会の点数表示のように,1桁ずつ数字を入れるようになっていた。中選挙区制のころで,横須賀は神奈川2区だった(1区が横浜市,2区が横浜を間にはさんだ横須賀と川崎,残りの西半分が3区という区割り)。2区の自民党はいつも小泉純也氏,つまり小泉純一郎元首相の父上だった。息子のような政治力はなくて大臣のポストになかなかありつけず,晩年にようやく防衛庁長官になった。

|

« 警察の立て看,イタリアのスリ | Main | 隣人たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60809229

Listed below are links to weblogs that reference 選挙今昔:

« 警察の立て看,イタリアのスリ | Main | 隣人たち »