« 選挙今昔 | Main | 頌春 2015年――年末の事ども »

Dec 21, 2014

隣人たち

 ある日,朝起きたらのどが痛い。一瞬風邪を引いたかなと思ったが,すぐ思い出した。前夜に,たった2回だが「うるさい」と怒鳴ったためだった。
 ビルの中の中華料理店での会食だった。中華の丸テーブルで,隣との間にはしきりがあるが,ほとんど素通しで音が筒抜けなのがまず誤算だった。それでも,隣が普通の客だったら大きな問題にならない。しかしこの日の隣人は,後で女子大の卒業生とその先生ではないかと想像したのだが,大部分が三十代とおぼしき女性に添え物の中年男が3人ぐらいの2卓のグループ。最初はまあ普通だったが,途中からやたらテンションが上がって,のべつ幕なしの大歓声になった。
 こちらのテーブルでは話が何もできない状態になって,店員さんを通じて何度か注意してもらったが,まったく効果なし。ついには何人かで「うるさい」と叫ぶ直接行動作戦に年甲斐もなく参加したのだが,何も変化はなかった。目的があっての会だから,何人かのあいさつなども予定していたのだが,一同やる気を失って,そのままお開きとなった。

 読んだ本のメモ:
佐々涼子『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている――再生・日本製紙石巻工場』(早川書房)
 震災で壊滅的とも思える被害を受けた製紙工場の再稼働までの物語。海辺の工場の中には,遺体が多数あっただけでなく,家が25戸も流れ着いていたという。あと,無人の被災地の少なからぬ商店の戸が壊されて物が奪われていたというのは,あらためて衝撃だった。なお,この本はもちろん,ここで描かれている工場で作られた紙で作られている。

|

« 選挙今昔 | Main | 頌春 2015年――年末の事ども »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60845852

Listed below are links to weblogs that reference 隣人たち:

« 選挙今昔 | Main | 頌春 2015年――年末の事ども »