« 頌春 2015年――年末の事ども | Main | 胎教は猛女オペラ――ロイヤル・オペラ 1986 »

Jan 10, 2015

2015年――正月の事ども

 今年のお雑煮は,われながらうまくできた。特に腕が上がったわけではなく,ひとえに前に買っておいた出しパックがよかったからである。福岡県の会社の製品で,原料はかつお節,焼きあご,うるめいわし,昆布など。このパックと昆布を前の晩から水につけておいた。
 事前には,雑煮は2日まででいいかと思っていたのだが,好評につき3日にも作った。あまり安くはないものだが,これなら文句はない。

 柚子は偉大なり――上記の雑煮と紅白のなますを引き立てたのが柚子だった。皮の表面をごく薄く削いで入れるだけでなんともさわやかで,あっさりした味を豊かにする。
 子供のころ,庭に柚子の木があったが,あんな堅い実は何の役に立つのか子供にはさっぱりわからなかった。庭にあったもので同じくまったく価値がわからなかったのはミョウガだった。

 通常の1か月ずつのカレンダーで,月の6週目があるときに,最後の週が 24/31 というように1日分のスペースに2つの日付が押し込まれていることが多い。1日の長さに違いがあるわけではなし,まことに不愉快なのだが,世の中ではこちらが多数派である。ちゃんと6週目まで書くスペースがあるのに5週目に押し込まれていることさえある。
 そもそも月の変わり目で週が途切れていると日数の感覚がつかみにくい。そこで,去年から,週ごとにすべての日が連続し,かつ土日が分かれていないカレンダーを自作している。ネット上にある通常の月ごとのカレンダーを改造したものである。(実用新案出願予定なし)Calendar2015a


|

« 頌春 2015年――年末の事ども | Main | 胎教は猛女オペラ――ロイヤル・オペラ 1986 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/60952030

Listed below are links to weblogs that reference 2015年――正月の事ども:

« 頌春 2015年――年末の事ども | Main | 胎教は猛女オペラ――ロイヤル・オペラ 1986 »