« December 2014 | Main | February 2015 »

January 2015

Jan 27, 2015

新国立劇場 2015/2016シーズンオペラ演目説明会

 新国立劇場の次のシーズンの演目が1月16日に発表された。驚いたのは新しい『指輪』が始まること。10月の『ラインの黄金』でこのシーズンが開幕する。「新しい」といっても演出はゲッツ・フリードリヒで,ヘルシンキからのレンタルの舞台。ということは、フリードリヒはなにしろ2000年に亡くなっているから、90年代の制作である。後で調べたところ、ヘルシンキではその後も何度も上演されているようだ。
 フリードリヒの『指輪』といえば,初めてのチクルス上演だったベルリン・ドイツオペラの来日公演(1987)の「トンネル・リング」がフリードリヒだった。あのとき私は,仕事上の(結果的には仕事人生最大の)行事で出張することになって,『ラインの黄金』だけ見られなかった。最初の指輪は一端は欠けていたのだった。

 『指輪』があるというので興味がわいて,日曜日の夕方,新国立劇場の「2015/2016シーズンオペラ演目説明会」に出かけた。説明するのは芸術監督の飯森泰次郎氏で,『さまよえるオランダ人』の指揮を終えてわずか30分後だったが,元気に登場した。
 『ラインの黄金』のローゲはなんとヘルデン・テノールのステファン・グールド。もったいない話だなと思ったら,さすがにこれで終わるわけはなく,ジークムントおよび後半2曲のジークフリートも歌って,「全曲制覇」の予定だという。
 注目のその後の上演予定だが、2016年秋『ワルキューレ』、2017年初夏『ジークフリート』、2017年秋『神々の黄昏』だとのこと。飯森氏は「私の(芸術監督としての)任期中にということで、少し無理をして後ろのほうを詰めました」と言っていた。
 他の新制作は『イェヌーファ』『ウェルテル』。

 新国立劇場を支える重要メンバーの一人,合唱指揮者の三澤洋史氏の著書『オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくる』(早川書房)を読んだ。いろいろな意味でめちゃくちゃおもしろかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 17, 2015

セ○ーナの親愛なる圧力

こんにちは親愛なるものだ ' それは名前でセ○ーナ私あなたに会えて圧力親切に連絡してください私私のメール アドレスを介して(××××@××.com) [ok] を私はあなたに私の自己についての詳細を伝えることができますように私の写真のいくつかの他を送信私はドン t は多くの放送時間には常に今と午前あなたとチャットするにはFacebook の [ok]
 正月にこんなメールが届いた(○は「ラ」の次の字)。翻訳ソフトを使ったものだろうが,「圧力」と「放送時間」というのが謎。

 今日,阪神淡路大震災から20年の日を迎えた。
 1999年までは成人の日は1月15日だった。1995年は,1月15日が日曜だったので16日が振替休日となり,連休だった。大震災が起こったのは,その連休が終わった17日火曜日の未明だった。
 阪神淡路に比べて,東日本大震災は,特に津波による被災地域がはるかに広大である。原発事故のことを別にしても,復興への道は遠い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2015

胎教は猛女オペラ――ロイヤル・オペラ 1986

 1986年秋,ロイヤル・オペラの2回目の来日公演があり,大きなおなかをかかえた同居人と見に出かけた。1979年の初来日の舞台が鮮烈で,再来日が楽しみだった。
 曲目は『トゥーランドット』『サムソンとデリラ』『カルメン』――そう,数あるオペラのなかでも,とびきりの猛女が主人公のオペラが勢揃いしたのだった。公演はいずれも充実の内容で,特に『サムソンとデリラ』は,演出がモシンスキー,サムソンがジョン・ヴィッカーズという1979年の『ピーター・グライムズ』と同じ名コンビ,『カルメン』は最初で最後のアグネス・バルツァとホセ・カレーラスのカップルだった。

 これで女の子が生まれたらどんな子になるのだろう,という心配はあまりしなかったが,『カルメン』の14日後に長女が生まれた(出生前の性別診断はしていなかった)。幸か不幸か,長女はその後,特に猛女になった様子はない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 10, 2015

2015年――正月の事ども

 今年のお雑煮は,われながらうまくできた。特に腕が上がったわけではなく,ひとえに前に買っておいた出しパックがよかったからである。福岡県の会社の製品で,原料はかつお節,焼きあご,うるめいわし,昆布など。このパックと昆布を前の晩から水につけておいた。
 事前には,雑煮は2日まででいいかと思っていたのだが,好評につき3日にも作った。あまり安くはないものだが,これなら文句はない。

 柚子は偉大なり――上記の雑煮と紅白のなますを引き立てたのが柚子だった。皮の表面をごく薄く削いで入れるだけでなんともさわやかで,あっさりした味を豊かにする。
 子供のころ,庭に柚子の木があったが,あんな堅い実は何の役に立つのか子供にはさっぱりわからなかった。庭にあったもので同じくまったく価値がわからなかったのはミョウガだった。

 通常の1か月ずつのカレンダーで,月の6週目があるときに,最後の週が 24/31 というように1日分のスペースに2つの日付が押し込まれていることが多い。1日の長さに違いがあるわけではなし,まことに不愉快なのだが,世の中ではこちらが多数派である。ちゃんと6週目まで書くスペースがあるのに5週目に押し込まれていることさえある。
 そもそも月の変わり目で週が途切れていると日数の感覚がつかみにくい。そこで,去年から,週ごとにすべての日が連続し,かつ土日が分かれていないカレンダーを自作している。ネット上にある通常の月ごとのカレンダーを改造したものである。(実用新案出願予定なし)Calendar2015a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 01, 2015

頌春 2015年――年末の事ども

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 昨年3月で開設からまる10年を迎えたこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あれから1か月,大小の6つの歓送迎会・慰労会が終了し,子会社勤務もまあ軌道に乗って,年末を迎えた。年末年始はこれまでと変わりなく,今年は26日で仕事納めとなった。
 年賀状には,ここ40年ほど,やや細かい字で前年の報告を書いているが,今年は当然,退職がいちばん大きな出来事で,マーカーで印をつけて「特筆」した。
 12月28日には友人宅での忘年会があり,恒例のゆで豚を作って持参した。30日,31日には,引っ越し以来最大規模の片付けをしたが,ゴミ収集は30日朝に終わっていたので,家の中にゴミ袋が多数残っている。

 もうひとつの年末の行事は,パソコン上の日記帳に新しい年の欄を作ること。データベース・ソフトを使って日記帳をデジタル化したのは1997年からで,今年の日記帳は19年分の同じ日付が一覧できる。
 そして――これまた節目となったが――紙の日記帳で日記をつけ始めてから,大晦日で50年を迎えた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »