« 春,花の実の酒 | Main | 菜の花,長ブロ,缶切り »

Feb 10, 2015

年始の喪中はがき

 年賀状にはいつも,前年1年のできごとを細かい字で書くことにしているが,喪中の人には出せない。しかし,出さないと当方の動静,時には生死がわからなくなってしまうので,まあわからなくても特に問題は生じないとはいうものの,喪中だった人には,年賀状とほぼ同じ内容の寒中見舞いを出すようにしている。
 その「前年1年のできごと」を,昔は手書きで少し大きい紙に書いて,それを印刷屋さんに縮小印刷してもらっていた。80年代後半のワープロ専用機,およびその後のMS-DOSパソコンの時代には,印字の大きさが自由にはならなかったので,やはり印字したものを縮小印刷していた。Windows上のワープロソフトを使うようになって初めて,自由なフォント,大きさ,字詰めで,自分で最後まで印刷できるようになった。それによって,少ない枚数の寒中見舞いも簡単に作れる。
 ついでながら,所属していたオーケストラのプログラムも,最初は字のきれいな者が手書きで書いたものを縮小印刷していたが,やがてタイプ印刷になり,次いでワープロ専用機,そしてパソコンで印字と変わっていった。(今はさらに,pdfファイルを印刷所に送ると2,3日でカラーのプログラムができてしまう。)

 我が家は喪中ではないが,年賀状ではなく寒中見舞いを送ってきた人が今年は2人いた。そのうちの1通は「私方 昨年11月に母 ○○子が他界しましたため…」という知らせで驚いた。
 ○○子さんというのは大学の同級生で,もう30年以上会っていないが,ずっと年賀状を交換してきた。今年のこちらからの年賀状を見て,娘さんが送ってきたものだった。宛名は手書きで,お母さんに似たやさしい字だった。何年か前の年賀状には,退職してのんびり暮らしていると書いてあったのだが。

|

« 春,花の実の酒 | Main | 菜の花,長ブロ,缶切り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/61113057

Listed below are links to weblogs that reference 年始の喪中はがき:

« 春,花の実の酒 | Main | 菜の花,長ブロ,缶切り »