« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

Mar 25, 2015

音楽の師がもう1人

 参加していたアマチュアのオーケストラで長年指揮・指導をしていたT先生が昨年9月に亡くなった(→参照)のに続き,もう1人の音楽上の師N先生が先週亡くなった。ちょうど,今は数少なくなった演奏会本番(出身高校の吹奏楽のOB演奏)の日で,その打ち上げで飲み始めたころにメールで連絡が入っていたのだが気づかず,遅くなって帰宅して初めて知った。
 N先生は上記T先生と同年輩で,学生時代以来ほぼ45年にわたってお世話になったのも同様である。またひとつ,区切りを迎えた。

 40年ぐらい前にN先生のお宅で開かれた新年会に出席したことがあった。そのとき先生は「僕のうちは歯医者でね,今は兄貴がK駅の近くでN歯科医院というのをやってるけど,僕も一時は歯医者になろうと思っていたんだ」という話をした。そうしたらだれかが,「今からでも遅くはないですよ。ハイシャ復活というのもありますから」と言ってかなりうけていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 17, 2015

よこすがでニタリ雪投げ文明堂

 会社の先輩で,私の故郷・横須賀(よこすか)を「よこすが」と発音する人がいた。しかも東京ことばの人で「が」は正しく鼻濁音になるから,よけいにふがふが間が抜けた発音に聞こえる。ここはぜひスカッとさわやかにお願いしたい。

     * * *

 前にラジオで,「野ばら」の訳詞の冒頭を「わらべはニタリ」だと思っていたという話をしている人がいた。薔薇を見てニタリというのも妖しい雰囲気だ。

     * * *

 山形県北部出身のある女性によると,同地では雪下ろしのことを「雪投げ」というのだそうで,知らないと雪合戦のことかと思ってしまう。正月に帰省したときは,たくさん投げてくたびれたとか。

     * * *

 数年前に行った葬儀の会場は,「子どもの国プラザ」というなんだか楽しそうな名前だった。

     * * *

 先日,文明堂のお菓子を手にする機会があり,包装紙を見たら,問い合わせ先電話番号が 0120-xxxx-0002,つまり今も「電話は2番」なのだった。
 これはフリーダイヤルなので新しい番号だが,ネットで見たら,例えば文明堂東京本社の通常回線の電話は -0002 で,これは昔の「2番」を受け継いだものなのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 11, 2015

中央環状線/マーチ法

 8日の日曜日,車で出る用事があったので,少し早く出て,前日に開通した首都高速・中央環状線の大橋JCT―大井JCTに乗りに行った。山手通りの下を南向きに進むと,これまで大橋ではぐるぐるループを上がって3号線に入るしかなかったが,路面上の元の案内がきれいに取り外されて,おお,まっすぐの道が開けているではないか。
 首都高速の古い部分のようにガタンコガタンコすることはなく,タイヤが吸い付くように滑らかに走り,サスペンションのよい高級車に変身したような気分。しかし,ずっとトンネルで景色は変わらない。最後に地上に出て,左右に分かれて臨海部に合流する。
 私にとっては,羽田空港もさることながら,横浜・大船・横須賀方面に行くときに便利になった。これまでは,首都高3号線を用賀で下りて一般道を 2.5km ほど走って第三京浜に乗ることが多く,都心環状線を遠回りする「ずっと首都高」は敬遠気味だったが,都心を通らなくてよくなったので距離もさほど違わなくなり,選択肢が増えた。

 歩行者用の信号で,積み重ねた短いバーの数で信号が変わるまでの時間を示している場合,1本のバーが消えるまでの時間は13秒ぐらいであることが圧倒的に多い。(いちばん下のバーは,端数の調整をしているらしく,場所によってばらつきが大きい。)
 これは,ストップウオッチなしで秒を測る方法として私が以前開発した「マーチ法」による測定結果である。マーチ法というのは,♩(四分音符)=120 の標準的なマーチを脳内再生して,1小節1秒で時間を測る方法で(特許申請の予定は未定),私は今はスーザの「士官候補生」を使うことが多い。
 「星条旗よ永遠なれ」だと特にアンコールなどで少し速めに演奏することが多いので,感覚がつかみにくい。また,ドイツのマーチ(「旧友」など)はもっとゆっくりの 112ぐらいが普通である。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 04, 2015

わが振り袖に/時刻表

 居酒屋のカウンターで,隣が二十代半ばぐらいの男女だった。高校の同級生らしく,「ねえ,結婚しないの?」「いや,うん,実は今年はするかも」「あ,よかったね。あたしもだれか探すかなあ」などという話も出てくる。男子校卒業生としてはこういう異性の飲み友だちがいるということがちょっとうらましい。
 その店内には「秋田清酒 両関」という立派な木の看板がある。それを見て男の方が「秋の田の,ってなんかなかったっけ」と言い,2人で百人一首冒頭の歌を思い出す作業を始めた。「かりほの庵の苫をあらみ」というやや難しいところをなんとか思い出して,これなら大丈夫だろうと思ったら,次の部分は「わが振り袖に」ということで見解がまとまってしまった。まあ「衣手」の一種ではあるので,言葉のつながりとして誤ってはないが,女装して田んぼに出ているようでおかしい。

 久しぶりに紙の時刻表を買った。3月は,北陸新幹線が金沢まで開業するほか,東京では上野東京ライン開通という大きなできごとがあるので,見どころ満載である。
 行く末が心配なのは北陸新幹線に並行する在来線で,JR信越本線・北陸本線の一部がしなの鉄道(北しなの線),えちごトキメキ鉄道(妙高はねうまライン/日本海ひすいライン),IRいしかわ鉄道,あいの風とやま鉄道に移管される。もっと大変なのは特急「はくたか」の名前と収入を奪われる北越急行(ほくほく線)で,生き残り策のひとつが新登場の「超快速」ということだが,1日1本ではどうしようもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »