« わが振り袖に/時刻表 | Main | よこすがでニタリ雪投げ文明堂 »

Mar 11, 2015

中央環状線/マーチ法

 8日の日曜日,車で出る用事があったので,少し早く出て,前日に開通した首都高速・中央環状線の大橋JCT―大井JCTに乗りに行った。山手通りの下を南向きに進むと,これまで大橋ではぐるぐるループを上がって3号線に入るしかなかったが,路面上の元の案内がきれいに取り外されて,おお,まっすぐの道が開けているではないか。
 首都高速の古い部分のようにガタンコガタンコすることはなく,タイヤが吸い付くように滑らかに走り,サスペンションのよい高級車に変身したような気分。しかし,ずっとトンネルで景色は変わらない。最後に地上に出て,左右に分かれて臨海部に合流する。
 私にとっては,羽田空港もさることながら,横浜・大船・横須賀方面に行くときに便利になった。これまでは,首都高3号線を用賀で下りて一般道を 2.5km ほど走って第三京浜に乗ることが多く,都心環状線を遠回りする「ずっと首都高」は敬遠気味だったが,都心を通らなくてよくなったので距離もさほど違わなくなり,選択肢が増えた。

 歩行者用の信号で,積み重ねた短いバーの数で信号が変わるまでの時間を示している場合,1本のバーが消えるまでの時間は13秒ぐらいであることが圧倒的に多い。(いちばん下のバーは,端数の調整をしているらしく,場所によってばらつきが大きい。)
 これは,ストップウオッチなしで秒を測る方法として私が以前開発した「マーチ法」による測定結果である。マーチ法というのは,♩(四分音符)=120 の標準的なマーチを脳内再生して,1小節1秒で時間を測る方法で(特許申請の予定は未定),私は今はスーザの「士官候補生」を使うことが多い。
 「星条旗よ永遠なれ」だと特にアンコールなどで少し速めに演奏することが多いので,感覚がつかみにくい。また,ドイツのマーチ(「旧友」など)はもっとゆっくりの 112ぐらいが普通である。

|

« わが振り袖に/時刻表 | Main | よこすがでニタリ雪投げ文明堂 »

Comments

私はアンコールの経験もないので「星条旗よ永遠なれ」で差支えありませんでしたが、勤務先の湯沸し場で紅茶の時間を計っている時に、人が入って来て挨拶すると幾つ数えたか分からなくなって困りました。

Posted by: P.O. | Mar 11, 2015 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/61265416

Listed below are links to weblogs that reference 中央環状線/マーチ法:

« わが振り袖に/時刻表 | Main | よこすがでニタリ雪投げ文明堂 »