« 信号無視の論理 | Main | 一度やってみたいこと »

Apr 18, 2015

旬の名前

 食材についての「旬」という言葉は,私にとっては大人に近くなってから知った言葉である。子供のころに,自分では使わないにしても祖母などから聞いていた言葉は,「出盛り」だった。そうそう,出始めのことは「走り」と言った。

 「旬」という字はこの意味のときは「シュン」と読むが,ものの本によると,この音・意味は日本の宮中行事の中で生まれたものだという。漢字としては元来「(月のうちの)10日間」の意味で,音は「ジュン」である。
 「旬」1字の名前を見ると「しゅん」という俳優を思い浮かべる人が多いと思うが,知人に「じゅん」さんという女性がいる。聞けば,6月生まれだからとのこと。生まれた年代(1960年代)からすると新しい感覚で,しかも漢字の用法としては正統的な名付けである。

 「しゅん」「じゅん」で思い出したが,逡巡の「逡」という字は,この熟語以外にほとんど使い道のない漢字だ。辞典によれば,「うずくまる」という意味の字だという。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 日本マクドナルドの女性社長はなんとカサノバ(Casanova)さん。Don Juan なら言葉としては平凡なのでそういう名の人がいても不思議はないような気がするが,Casanova さんが実在するとは思わなかった。
 あるところで,ロッシーニ(Rossini)さんという人(たぶんアメリカ人)の名を見かけたことがある。ネットを探したら,ミラノに Rossini という会社があった。印刷機のローラーを作っている会社らしい。
 ボローニャ歌劇場が2011年秋に来日したとき,ヴェルディの『エルナーニ』が上演された。そのときの歌劇場の総裁はエルナーニ(Ernani)氏だった。

|

« 信号無視の論理 | Main | 一度やってみたいこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/61456317

Listed below are links to weblogs that reference 旬の名前:

« 信号無視の論理 | Main | 一度やってみたいこと »