« 白内障手術始末 (3)左の巻 | Main | 今春の新国立劇場 »

May 30, 2015

カバン事件始末――グアム旅行の前に

 先週末は,息子の結婚式のためグアム島へ出かけた。手続きや準備はちょっと面倒だったが,行ってしまえば面倒なことはなく,両人のごく親しい友人と家族,計18人の挙式・祝宴は,なごやかで楽しいものだった。昼間の気温は30度で,ここ数日の東京と同じぐらいだった。
 海外へ出かけるのは,2005年末にブダペスト,プラハ,ウィーンに出かけて以来9年半ぶり(→参照)。アメリカ合衆国は,昔トランジットのためアラスカのアンカレッジに降りたことがあるだけで,入国するのは初めてだった。

 その前週の金曜の夜,なじみの居酒屋Fでちょっとした事件があった。
 定量飲んで,9時半ごろ勘定をしてもらおうとしたら,席から4メートルぐらい離れたビールのケースの上に置いたカバンが見当たらない。その近くに少し似ているカバン(間違えるほど似てはいないと思うのだが)があり,聞いたら持ち主がなかったので,その近くにいた常連でない人が間違えて持って行ってしまったらしいと判明した。
 私はポケットに物を入れないことにしているので,財布もカードもすべてカバンに入っている。スマホだけはベルトにつけてあり,スイカアプリが入っているので電車に乗って帰ることはできるが,家の鍵がないので,入れるかどうかはわからない。残されたカバンを店の人がのぞいてみたところ,なんだか仕事のカバンらしい。なかったら向こうも困るだろうと思ったが,純粋に仕事用だとすると,今日は酔っ払ってしまって月曜朝まで気づかない可能性がある。
 なにもできずに待つこと30分ぐらいで,その人から店に「あと40分ぐらいで返しに行く」と電話があった。今日じゅうに解決しそうということになって,やれやれ。その後すぐにもう一度「もう少し早く着く予定」と修正の電話があった。一安心して,もう一杯飲んでいるうちに当人登場。無事カバンを交換し,お詫びの品(煎餅の詰め合わせ)をもらった。
 たぶん帰る途中で気づいて,まず店の電話を調べ,それからお詫びの品を買ってとんできたわけで,まあ律儀で行動がすばやい人なのだろう,それほど酔っていなくてよかった,などと,店のお姐さんや残っていた常連客と話をした。店を出て,どっと疲れが出た。

|

« 白内障手術始末 (3)左の巻 | Main | 今春の新国立劇場 »

Comments

息子さんのご結婚おめでとうございます。なごやかな式のあとのハプニングだったようですが、それもうまく解決してよかったですね。

Posted by: リンデ | May 30, 2015 at 12:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/61667528

Listed below are links to weblogs that reference カバン事件始末――グアム旅行の前に:

« 白内障手術始末 (3)左の巻 | Main | 今春の新国立劇場 »