« 病欠4日 | Main | Des dur → Ges dur のマーチ »

Jul 27, 2015

メール事始め

 1991年に最初のパソコンを買い,Nifty-Serveに加入して「パソコン通信」を始めた。このとき初めて電子メールというものが使えるようになった。もはや記憶があいまいになっているが,このころはNiftyの会員同士でのみメールがやりとりできるシステムだったと思う。それでもNiftyは最大手だったから,少しすると非常に便利な通信手段となった。Niftyでは「XYZ01234」という形のIDがそのままアドレスになっていた。
 1995年ぐらいだろうか,ある会の名簿で XYZ01234@nifty.or.jp(以下,@は実際には半角)という形のアドレスを初めて見た。Niftyのアドレスをもっと広く使う方法があるらしいと思ったが,これがなんなのかはわからなかった。インターネットという言葉を聞くようになっていたが,自分で関わることはまだなかった。だれでもインターネットのアドレスを持つようになったのは,Windows 98の時代以降のことだった。
 98年ごろだったと思うが,フランスのP研究所に派遣されたスズキ君(仮名)が suzuki@p…….fr. というアドレスでメールを送ってきた。こんな簡単なアドレスで世界の中の1人を特定できるというのが大きな驚きだった。
 ちなみに,@は英語では at sign という方が普通である。

 3年ぐらい前のこと,五線紙が必要になってネット上を探したら,ちゃんといろいろな大きさ・段数のものがPDFファイルで提供されていた。これの「類推」で,方眼紙が急に1枚必要になったときも,ネット上でたちどころに見つかった。
 もう5,6年になるだろうか,オーケストラのパート譜などもネット経由で配布されるのが普通になった。

|

« 病欠4日 | Main | Des dur → Ges dur のマーチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/61965196

Listed below are links to weblogs that reference メール事始め:

« 病欠4日 | Main | Des dur → Ges dur のマーチ »